top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

大型リストラと実際の労働市場のギャップ / Mass Layoff and the Actual Labor Market:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

経済が活況を呈する中、リストラ(Mass Layoff)のニュースが絶えず耳に入ってきますが、これは一部の業界や大手企業に限定された動向であり、米国の労働市場全体の状況を正確に反映しているわけではありません。


最新の労働統計局のデータによると、失業率と解雇率は依然として低水準にあり、特にテクノロジー業界でのリストラは経済見通しの調整という側面が強いです。


情報セクターの解雇率は下がっており、労働市場は依然として強いことが示されています。


「主要な点」

  1. 経済は好調だが、なぜリストラが?

  • 経済が拡大を続ける中で、Los Angeles Times、eBay、Microsoft、UPSなどの大企業からリストラの発表が相次いでいます。しかし、これらは労働市場全体の傾向ではなく、特定の業界や企業における調整に過ぎません。

  1. 安定した失業率と解雇率

  • 労働統計局によると、2023年のほとんどの月で失業率と解雇率は1.0%と安定しており、労働市場の底堅さを示しています。

  1. テクノロジー業界のリストラ動向

  • テクノロジー業界では2021年の急成長後、経済見通しの調整のためにリストラが行われていますが、これは労働市場全体の傾向とは異なります。

  1. 情報セクターの解雇率

  • 情報セクターの解雇率は2023年12月には0.8%に下がり、前月の0.9%から減少しました。これは、セクター内での大きな変動ではなく、安定していることを示しています。

  1. 建設業とレジャー・ホスピタリティ業界のリストラ率

  • 建設業やレジャー・ホスピタリティ業界のリストラ率は情報セクターよりも高いものの、歴史的データを見ると高い水準ではありません。

  1. 求人の現状

  • 12月の時点で、求人数は900万に達しており、前月と比較しても大きな変動はありません。これは、依然として労働市場が活発であることを示しています。

  1. 雇用の冷え込み

  • 12月の雇用数は560万で、前年同月の600万からは減少していますが、これは雇用市場が冷え込んでいるわけではなく、慎重な採用が行われていることを意味しています。


「企業の検討点」

  1. 特定業界のリストラは全体の傾向ではない

  • 大手企業やテクノロジー業界のリストラニュースに惑わされず、全体の労働市場の安定性を理解することが重要です。

  1. 労働市場は依然として強い

  • 安定した失業率と解雇率、維持されている求人数から、労働市場の底堅さを把握し、過度な懸念を避けることが重要です。

  1. 慎重な採用の継続

  • 現在の経済情勢では、企業は採用に際して慎重な姿勢を維持することが予想されます。この状況を理解し、計画を立てることが求められます。


「Q&A」

Q1: 経済が好調なのに、なぜリストラのニュースが多いのですか?            A1: リストラのニュースは一部の大企業や特定業界に限られたものであり、労働市場全体の状況とは異なります。これらは主に経済の見通しに合わせた人員調整のためのものです。


Q2: テクノロジー業界のリストラは他の業界にどのような影響を与えますか?       A2: テクノロジー業界のリストラは目立つものの、労働市場全体には大きな影響を与えていません。経済全体の健全性と労働市場の強さが維持されています。


Q3: 今後の労働市場の展望はどうですか?                       A3: 労働市場は依然として強く、安定していますが、企業は採用において引き続き慎重な姿勢を取ると予想されます。



Comments


bottom of page