top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

飲酒運転撲滅への道:米国新車へのアルコール検査システム義務化/Mandatory Alcohol Test Systems in U.S. Cars:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

アルコール検査システムの新車への搭載義務化に向けた連邦政府の動きは、企業にとって重要な意味を持ちます。


新しい技術の導入は、社員の安全を確保し、法的要件に適応する上で不可欠です。


  1. 「歴史的背景」:アメリカでは1970年代からアルコールによる運転の危険性に対処しています。当時、現代的な飲酒運転の法律が州によって制定され始めました。

  2. 「進化する技術」:NHTSAが、呼気センサーや皮膚感知センサーを用いたアルコール検出技術の開発に取り組んでいます。これらはドライバーの血中アルコール濃度を非侵襲的に測定可能。

  3. 「公衆の支持」:ジョンズ・ホプキンス大学の研究によると、63.4%の人々が新車に運転不能検出技術の搭載を義務付ける議会の決定を支持しています。

  4. 「法的変化」:ユタ州は2017年にアルコール濃度の法的上限を0.05%に引き下げた最初の州となりました。

  5. 「アルコール濃度の基準」:法的上限である血中アルコール濃度0.08%は、多くの飲酒者にとって、1時間に2~4杯の飲酒に相当します。

  6. 「点火インターロック装置」:現在最も一般的なドライバーのアルコール検出システムは、1969年に開発された点火インターロック装置です。1980年代から飲酒運転の罰則として広く使用されています。

  7. 「効果的な対策」:CDCによると、点火インターロック装置は装置が取り付けられている間、飲酒運転の再犯を約70%減少させます。

  8. 「潜在的な抵抗」:NHTSAは、一部の人々が飲酒運転を「権利」と見なしている可能性があると指摘していますが、運転は権利ではなく特権です。

  9. 「疲労運転と注意散漫運転」:NHTSAは、疲労運転や注意散漫運転の検出技術にも関心を示していますが、現時点では薬物運転の検出技術は未熟とされています。

  10. 「法的背景」:ビル・クリントン大統領の下、2000年代初頭に血中アルコール濃度の法的上限が0.08%に統一されました。州がこの基準を採用しなければ、連邦政府からの高速道路建設資金が削減されるリスクがあります。


「企業の検討点」

  1. 「技術の進化」:新しいアルコール検出技術の導入により、運転中の安全性が高まる可能性があります。

  2. 「法的変更への対応」:アルコール濃度の法的上限の変更に伴い、企業は従業員への教育とポリシーの見直しが必要になるかもしれません。

  3. 「公衆の意識」:運転不能検出技術の導入への支持が高まっているため、企業はこれをプロモーションや社内ポリシーに反映させることができます。

  4. 「再犯率の減少」:アルコール検出システムの導入による飲酒運転の再犯率の減少は、企業の安全ポリシーにおいて重要な要素です。

  5. 「安全への投資」:アルコール検出システムへの投資は、従業員の安全と企業の社会的責任を示す方法として有効です。


「Q&A」

  1. Q: 新しいアルコール検査システムはどのように機能しますか?           A: 新しいシステムは、呼気または皮膚感知センサーを通じてドライバーの血中アルコール濃度を測定します。これにより、ドライバーが合法的なアルコール濃度を超えている場合に車の起動を阻止することが可能です。

  2. Q: この技術はどの程度効果的ですか?                      A: 点火インターロック装置の使用により、飲酒運転の再犯率は約70%減少すると報告されています。新技術も同様に、飲酒運転による事故を大幅に減少させる効果が期待されます。

  3. Q: この新規定はいつから施行される予定ですか?                 A: 現在、国家道路交通安全局(NHTSA)は提案の初期段階にあり、具体的な施行時期は未定です。技術の成熟度と公衆の受容度を考慮しながら、規制の策定が進められる予定です。



Comments


bottom of page