top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

勤務地による給与決定とスキル重視の時代 / Location Based Pay and the Era of Skills Emphasis:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

最新のPayscale社のレポートによると、企業の約半数が従業員の勤務地に基づいて給与を決定しています(Location Based Pay)。


さらに、多くの企業が学歴要件を廃止し、スキルベースのモデルに移行しています。


「主要な点」

  1. 勤務地に基づく給与決定: 約半数(49%)の企業が、従業員の勤務地に基づいて給与を決定しています。特に政府機関や非営利団体でこの傾向が強いです。

  2. 地理的差異や給与ゾーンの使用: 23%の企業が、地理的差異や給与ゾーンを使用して勤務地に応じた給与を管理しています。これにより、公平かつ一貫した給与支給が可能となります。

  3. 学歴要件の廃止: 34%の企業がサラリーポジションに学位を要求しなくなり、45%が教育を補償要因として考慮しないと回答しています。

  4. スキルベースのタレントモデル: 多くの企業がスキルベースのタレントモデルに移行し、学歴よりもスキルや経験を重視しています。

  5. 2024年の報酬管理の課題: 組織にとって最大の課題は報酬管理ですが、優先投資は保持、採用、エンゲージメントに移行しています。

  6. 小規模企業の給与決定者: 小規模企業(従業員1-99人)の56%は、CEOまたは経営チームが給与決定を行っています。

  7. 大規模企業の給与戦略: 大規模企業(従業員50,000人以上)の24%が地理的差異を使用して各従業員の勤務地に基づいた給与を支給しています。

  8. リモートおよびハイブリッド勤務の減少: 高収入ポジションのリモートおよびハイブリッド勤務の機会は、昨年比で大幅に減少しています。

  9. オフィス勤務に対する補助金: 企業は通勤、食事、交通、介護に関連するコストを補うために、オフィス勤務従業員に対する補助金を検討するべきです。


「企業の検討点」

  1. 勤務地に応じた公平な給与支給: 地理的差異や給与ゾーンを使用して、勤務地に応じた公平かつ一貫した給与支給を実現します。

  2. スキル重視の採用戦略: 学歴よりもスキルや経験を重視した採用戦略を採用し、多様なタレントを引き付けます。

  3. 報酬専門家の配置: 報酬専門家を社内に配置し、適切な報酬管理を実現します。

  4. リモートおよびハイブリッド勤務の見直し: 高収入ポジションにおけるリモートおよびハイブリッド勤務の機会を再評価し、柔軟な勤務環境を提供します。

  5. 従業員のコスト負担軽減: 通勤、食事、交通、介護に関連するコストを補うための補助金を提供し、従業員の経済的負担を軽減します。


「Q&A」

Q1: 企業が勤務地に基づいて給与を決定する理由は何ですか?地理的差異を反映し、各地域の生活費に応じた公平な給与を提供するためです。


Q2: スキルベースのタレントモデルの利点は何ですか?学歴に依存せず、多様なスキルや経験を持つタレントを引き付けることができます。


Q3: 報酬管理の課題に対する効果的な対策は?報酬専門家の配置、適切な給与戦略の導入、従業員の経済的負担の軽減が効果的です。


Q4: 企業がスキルベースの採用戦略に移行する際の課題は何ですか?学歴に依存せず、適切なスキル評価基準を設定し、多様なタレントを引き付けることが課題です。


Q5: 地理的差異を反映した給与支給のメリットは?各地域の生活費に応じた公平な給与を提供でき、従業員の満足度と定着率を向上させます。


Q6: リモートおよびハイブリッド勤務の減少が企業に与える影響は?柔軟な勤務環境の欠如が従業員の離職率を高める可能性があります。企業は柔軟な勤務オプションを再評価する必要があります。


Comments


bottom of page