top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

進化するリクルーティング: "LinkedIn AI Tools"の最新機能紹介:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. LinkedIn Recruiterに2つのAIパワードツールを導入。

  2. 「Likelihood of Interest」で求職者の興味の度合いやInMail受諾率等を総合判断。

  3. 「AI-Assisted Messages」は求職者のプロフィール情報や企業の情報を活用してパーソナライズされたメッセージ生成。

  4. 74%の採用担当者がAIを採用することで、戦略的な作業を優先することを期待。

  5. 一貫したメッセージの品質を保ちつつ、個別のメッセージのカスタマイズが可能。

  6. リクルーターは求職者との深い関係構築に焦点を当てることができる。

  7. AIツール使用時の偏見を排除する必要性の強調。

  8. 一部の都市や州ではAIの使用に関する新しい法律や規制が実施されている。

  9. 視覚障害を持つ求職者へのアクセシビリティや適切な調整も重要。

「企業の検討点」

  1. AI技術を活用して人材採用の効率と精度を向上させる。

  2. 偏見のない公正な採用を実現するためのAIツールの適切な利用方法を学ぶ。

  3. 人材採用におけるAIの法規制や認識の変化に迅速に対応する。

  4. AIツールを導入する際のアクセシビリティや多様性を重視。

  5. パーソナライズされたメッセージングの重要性を再認識し、それを戦略に組み込む。


Comments


bottom of page