top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

リーダーシップの罠: 能力と現実のギャップ / The Leadership Trap: The Gap Between Ability and Reality:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

管理職と従業員間の認識ギャップが企業文化と効率性に与える影響は大きく、最近のCheckr.comの調査によれば、この問題は特にメンタルヘルスの管理と職場の信頼構築において顕著です。


この調査は、管理職が自己評価に過信している一方で、従業員の多くが異なる実感を持っていることを明らかにしました。


職場での健全な関係構築、適切なコミュニケーション、そしてバランスの取れたワークライフの重要性は今後も高まることでしょう。


  1. 「管理職の自己過信」: 管理職の約6割が自分たちのメンタルヘルス対応を「良い」と自評していますが、実際には4割の従業員がその対応を「不十分」と感じています。この自己過信は、実際の職場の問題を見過ごす原因となっている可能性があります。

  2. 「投資の約束と信頼性」: 59%の管理職がメンタルヘルスプログラムへの投資増加を計画していると報告していますが、その実行を信じる従業員は40%に留まります。約束された改善が現実に反映されないことへの懸念があります。

  3. 「コミュニケーションの誤解」: 70%以上の管理職は従業員との関係が良好だと思っていますが、この見解に同意する従業員は58%です。コミュニケーションの質と透明性が重要な課題となっています。

  4. 「プロフェッショナルな発展への配慮」: 管理職の半数以上が従業員のキャリア開発を真剣に考えていると答えていますが、この考えを共有する従業員は3分の1強です。従業員の成長と成功に対する真のコミットメントが求められます。

  5. 「バーンアウトとワークライフバランス」: 両方のグループから6割が過労とストレスを感じていると報告しており、78%の管理職と82%の従業員が良好なワークライフバランスの重要性に同意しています。これは今後の優先事項として認識されるべきです。

  6. 「従業員との人間的な繋がり」: 従業員は尊敬でき、信頼でき、思いやりのある管理職を高く評価します。最高の上司と最悪の上司の特徴を理解することで、より良いリーダーシップを目指すことができます。

  7. 「新たな管理職のためのトレーニング」: 効果的なリーダーとなるためのスキルは必ずしも自然に身につくものではありません。特に新しい管理職には、職務に即したトレーニングが必要です。

  8. 「部門のビジネス目標との整合性」: トレーニングプログラムは部門のビジネス目標と連携する必要があり、アカウンタビリティを育成することも重要です。

  9. 「フレキシビリティと実践の機会」: マネージャートレーニングプログラムは柔軟性を持ち、新しい管理職が職場でスキルを実践できる機会を提供するべきです。

  10. 「継続的な学習と適応」: 従業員と管理職は、継続的な学習、適応性、そしてオープンなコミュニケーションを通じて、サポートされた職場環境を育むことができます。


「企業の検討点」

  1. 「自己認識と外部認識のギャップ」: 管理職は自身の自己評価と従業員からのフィードバックの間のギャップを理解し、改善する必要があります。

  2. 「信頼と約束の実行」: 企業は約束されたメンタルヘルスプログラムやその他の改善策が実際に実行されるよう努力し、信頼を構築する必要があります。

  3. 「透明性のあるコミュニケーション」: 効果的なコミュニケーションは、管理職と従業員間の関係構築に不可欠です。透明性と一貫性を持ったコミュニケーションを心がけるべきです。

  4. 「従業員の成長への投資」: 従業員のプロフェッショナルな発展に投資し、キャリアの成長をサポートする文化を育成することが重要です。

  5. 「ワークライフバランスの重視」: 過労とストレスを減らし、ワークライフバランスを改善するための具体的な方策を検討し、実施する必要があります。


「Q&A」

  1. Q: 管理職と従業員間の認識のギャップをどのように埋めることができますか?   A: 定期的なフィードバックセッション、透明なコミュニケーションチャネルの確立、共感的なリーダーシップの実践を通じて、双方の認識を一致させることができます。

  2. Q: メンタルヘルスプログラムへの投資が従業員の信頼を獲得するにはどうすれば良いですか?                                  A: 実際にプログラムを実施し、その効果を測定して共有することで、従業員の信頼を獲得し、プログラムの価値を実証できます。

  3. Q: 管理職のトレーニングプログラムが効果的であるためにはどのような要素が必要ですか?                                   A: ロールに合わせたカスタマイズ、ビジネス目標との整合、実践の機会の提供、継続的なサポートとフィードバックが重要です。

  4. Q: ワークライフバランスを改善するにはどうすれば良いですか?         A: フレキシブルな勤務体系、必要に応じたメンタルヘルスの支援、適切な休暇取得の促進など、従業員のニーズに応じた対策を講じることが有効です。



Comments


bottom of page