top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

共感的なリーダーシップで解雇の影響を軽減する:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 共感的なリーダーシップ:企業リーダーは、解雇が感情的な苦痛を引き起こすことを認識し、理解する必要があります。去っていく従業員が将来の機会に備えて最新のスキルを持つことを保証する。

  2. スキルの再設定とアップスキリング:代替手段の探求は必須であり、リスキリング、アップスキリング、従業員の再配置などが含まれます。これにより、スキルの不足と従業員のキャリアを再考したいという願望に対応できます。

  3. 透明なコミュニケーション:組織全体に対する効果的かつ透明なコミュニケーションは重要であり、解雇の状況を明確に理解することができます。

  4. CEOの共感性:CEOは共感的であり、従業員のニーズに敏感でなければならない。これは組織の評判のドライバーであり、リーダーシップの一部となる。

  5. 再配置:組織内の空いているポジションに人々を再配置することは、解雇の数を少なく保つことと、組織が従業員の福祉にコミットしていることを示す効果的な方法です。

  6. 解雇の通知:従業員の大多数は、解雇をメールで通知することは適切ではないと感じており、72%が直接対面で告げられることを好むと述べています。


Comments


bottom of page