top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働市場の変遷/2023年のトレンドと課題 :Labor Market Evolution/:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 従業員のエンゲージメント低下: 2023年上半期、労働市場が減速し、従業員のエンゲージメントや満足度も低下しています。

  2. 採用リクエスト15%減少: 2022年と比較し、2023年上半期の求人リクエストが15%減少。

  3. 応募者数増、面接数減: 応募者数は30%増加したが、面接の数は減少しており、企業が採用過程で選択的になっていることを示唆。

  4. 自発的退職率20%減少: 全業界を通じて、12ヶ月間の自発的な退職率が20%減少している。

  5. プロモーションの機会減少: 16業界のうち13業界で、12ヶ月間の昇進率が前年比で減少。特に技術分野が最も大きく減少。

  6. エンゲージメントと満足度の指標が低下: 健康や福利、報酬や認識など、従業員の進行に関連する指標が最も低いランクとなっている。

  7. 最高品質の採用にフォーカス: 現在の市場では、企業は最高品質の採用に焦点を合わせ、リクルーターはより少数の役割のために大量の応募者を管理する状況となっている。

  8. 採用までの時間の増加: 採用までの期間が業界全体で歴史的な最高値を記録している。

  9. クリティカルなタレントプールの活用: 企業は、候補者にアクセスするために現在利用可能な重要なタレントプールを利用する必要がある。

  10. 採用技術の改善: 候補者を見つけ、応募を追跡し、採用マーケティングを強化するための技術の改善が求められている。

「企業の検討点」

  1. 高品質な採用の重要性を理解し、そのための戦略を練る。

  2. 従業員のエンゲージメントと満足度を向上させる取り組みを強化する。

  3. 採用プロセスの効率化とスピードアップを目指す。

  4. 従業員の成長と昇進の機会を確保し、キャリアパスを明確にする。

  5. 採用技術の最新の動向に追従し、必要な場合は更新する。


Comments


bottom of page