top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働力参加の障壁: 米国成人の現実と課題/Labor Force Participation Barriers:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 非就業者の72%は介護や健康問題が主要な理由 現在働いておらず、仕事を探していない成人が存在する。

  2. 「プライムエイジ」成人 労働統計局が用語として使用。彼らの約20%が労働力から外れている。

  3. 長期の離職者 介護や健康のニーズとのバランスを見つけるのが難しい。労働力から何年も離れていることが多い。

  4. 女性の労働参加 女性の48%が子育てが主要な理由で働いていない。対照的に、男性の5%が同様の理由を挙げた。

  5. 個人の健康問題 回答者の34%が、身体の健康問題が主要な理由と答える。他の1%は精神的、感情的、行動的な健康が理由。

  6. 複数の非就業理由 多くの人が仕事を求めない複数の理由を持っている。54%が家族の介護、64%が健康問題が影響していると感じている。

「企業の検討点」

  1. 労働者の現実の課題やニーズを理解し、柔軟に対応する。

  2. 女性や男性、異なる背景の人々のニーズに応じた支援策を導入。

  3. 有給休暇や柔軟な働き方を提供することで、労働参加を促進。

  4. 社内のポリシーや文化を見直し、多様性や包括性を促進。

  5. 法的課題や変化に迅速に適応し、雇用主としてのリスクを最小限に抑える。


Comments


bottom of page