• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

候補者の第一印象

第一印象が肝心であるということは、どんな状況でも良く言われる話である。

特に自社への求職者・候補者に対してリクルーターが何を求めているのかを知ることは重要である。


企業にとって最適な候補者を判断することは難しく、面接で良い印象であったとしても、その候補者が実際にどのような働きをしてくれるのかというのは未知数であるが、少なくとも印象が良い従業員を雇用をしたいと考えるのが一般的であろう。


リクルーターが求職者・候補者に求めているのは、以下の5点のようである。

  • 時間厳守

  • プレゼンテーション

  • 気配り

  • 礼儀正しさ

  • 企業・業務への関心

社内のリクルーターであれば上記を意識しながら、候補者と対話をしてみるのは効果的である。売り手市場の現状では状況に甘んじることなく、企業に対して積極的にアピールを行う候補者の姿勢はより重要な評価基準になりうるのではないか。

最新記事

すべて表示