top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

独立請負業者の新基準 / New Criteria for Independent Contractors :「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2024年1月10日、米国労働省(DOL)が独立請負業者(Independent Contractor)と従業員の区別に関する新しいルールを公表しました。


この規則は、労働者を独立請負業者として分類することをより困難にする複数要素テストを再導入します。


特にカリフォルニア州の雇用者は、州の厳格なABCテストが適用されるため、この連邦ルールの変更に注意する必要があります。新規則の実施に向けて、マルチステートの雇用者は労働者の分類手順を徹底的に見直すことが重要です。


  1. 「新規則の概要」: 2024年3月11日から施行されるこの新規則は、労働基準法の下での独立請負業者の分類を再定義します。これにより、以前よりも複雑な多要素テストが適用されるようになります。

  2. 「六つの評価要素」: 評価には次の六つの要素が含まれます:作業の管理度、利益または損失の可能性、機材への投資、作業関係の恒常性、スキルレベル、ビジネスへの作業の統合度。

  3. 「新規則の批判」: 一部の批評家は、この新規則が適用により時間と分析を要し、雇用主に対してより多くの不確実性と責任を生じさせると指摘しています。

  4. 「カリフォルニア州の影響」: カリフォルニア州では、より厳格なABCテストが適用されるため、連邦ルールの変更は影響しません。

  5. 「マルチステート雇用者への影響」: 連邦規則の変更はカリフォルニア州外の従業員を持つ企業に影響を及ぼすため、これらの企業は労働者分類手順の見直しが必要です。

  6. 「連邦ガイドラインと州固有の基準」: 雇用者は、連邦のガイドラインと各州固有の基準を考慮した徹底的なレビューを行う必要があります。

  7. 「DOLのFAQページ」: 労働省は新規則に関する追加ガイダンスをFAQページで提供しています。


「企業の検討点」

  1. 「新規則の理解と準備」: 企業は新規則の内容を理解し、その実施に備える必要があります。

  2. 「従業員分類の見直し」: 企業は自社の労働者分類手順を見直し、連邦と州の基準に適合しているか確認する必要があります。

  3. 「カリフォルニア州の企業」: カリフォルニア州における企業は、州のABCテストに準拠しているかを確認する必要があります。

  4. 「法的リスクの認識」: 企業は、新規則がもたらす法的なリスクや挑戦に対して意識を高める必要があります。

  5. 「経済的現実への適応」: 企業は、新規則が現代の経済的現実に対応していることを理解し、それに適応する戦略を考える必要があります。


「Q&A」

  1. Q: 新規則はどのような労働者の分類基準を導入していますか?           A: 新規則は複数要素テストを導入し、独立請負業者の分類をより複雑にしています。

  2. Q: カリフォルニア州の企業にはどのような影響がありますか?           A: カリフォルニア州では、連邦ルールの変更による直接的な影響はなく、厳格なABCテストが適用されます。

  3. Q: マルチステートの雇用者はどのような対応が求められますか?          A: 彼らは、連邦ガイドラインと各州固有の基準を考慮した労働者分類手順の徹底的なレビューが必要です。

  4. Q: 新規則に対する批判は何ですか?                       A: 批判者は、新規則が適用に時間と分析を要し、雇用主により多くの不確実性と責任を生じさせると指摘しています。

  5. Q: 新規則の実施に備えるために企業は何をすべきですか?             A: 企業は、新規則の内容を理解し、自社の労働者分類手順を連邦と州の基準に適合しているか見直す必要があります。



bottom of page