top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

USCISの新I-9フォーム:雇用主のためのガイドライン:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. USCISが新しいI-9フォームを発表、8月1日から使用可能となります。

  2. このフォームは、雇用主が従業員の身元と雇用許可を確認するために使用されます。

  3. また、同日から有効となる新たなルールにより、「代替文書検査手続き」を行うことが許可されます。これにより、従業員との面会なしに身元確認手続きが可能となります。

  4. アメリカ移民税関捜査局(ICE)によって公表された別の文書では、一つの代替手続きが紹介されています。これはE-Verifyの参加企業が、従業員から提出された文書を元に、ライブビデオを通じて身元確認を行うというものです。

  5. この代替手続きは、E-Verifyの参加企業が、8月1日から使用可能になります。

  6. 新しいI-9フォームには、企業が代替手続きを使用したことを示すためのチェックボックスが含まれます。

  7. また、旧版のI-9フォームは2023年10月31日まで引き続き使用可能となります。

  8. USCISの新ルールにより、特定の条件下での柔軟性の恒久化、文書の検査に関するパイロット手続きの導入、またはCOVID-19のような緊急事態に対応するためのフレームワークが作成されます。

  9. これらの変更により、企業は従業員の確認プロセスをより効率的かつ柔軟に行うことができるようになります。

「企業の検討点」

  1. USCISの新しいI-9フォームと代替確認手続きを適切に理解し、使用すること。

  2. E-Verifyに参加している場合は、新たに許可されたリモート確認手続きを活用すること。

  3. 新しいI-9フォームで代替手続きを使用したことを示すチェックボックスを適切に利用すること。

  4. 旧版のI-9フォームも引き続き利用可能なため、新旧のフォームの適切な利用を理解すること。

  5. USCISの新規則により設けられたフレームワークを利用して、緊急事態に柔軟に対応できるようにすること。



Comentarios


bottom of page