top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ハイブリッド勤務の浸透: 北米のオフィス出勤トレンド:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

1. AWAによる最新の報告の内容

北米の労働者は週平均1.45日しかオフィスに出勤していないことがAWAの報告で明らかにされた。


2. 地域ごとのオフィス出勤率の違い

世界各地でのオフィス出勤率は、北米が29%、イギリスが32%、アジア太平洋が36%、ラテンアメリカが43%である。


3. ハイブリッドワークの実施についての考察

ハイブリッド勤務は、雇用契約や勤務スキル、オフィスデザインなど多岐にわたる影響を持つ。


4. オフィス出勤率の1年間の変動

世界平均のオフィス出勤率は29%から35%に上昇したが、北米では前年と変わらず29%であった。


5. テクノロジー分野の出勤率の上昇

テクノロジー分野は15%から32%に出勤率が上昇し、最も大きな変化を示した業界である。


6. オフィススペースの最適化

需要の減少に伴い、37%の雇用者がオフィススペースを縮小または最適化する計画を立てている。


7. オフィスへの出勤を好む曜日

従業員の多くは火曜日から木曜日にオフィスに出勤する傾向があり、月曜日も人気が増している。


8. ハイブリッド勤務ポリシーと実際の出勤

ハイブリッド勤務の方針がない企業でも、従業員は週平均1.4日しか出勤していない。


9. オフィス不動産の未来予測

オフィス需要の減少が続く中、今後5~10年で賃料や資産価値に下向きの圧力が増加すると予測される。


10. ハイブリッド勤務の重要性

ハイブリッド勤務の取り入れを検討しない企業は、従業員の約半数を失う可能性がある。


「企業の検討点」

  1. ハイブリッド勤務の方針を導入し、従業員のニーズに対応する。

  2. オフィスの物理的なスペースの最適化とコスト削減を検討する。

  3. 従業員の出勤のモチベーションを向上させる施策を導入する。

  4. テクノロジーを利用して柔軟かつ効率的なワークプレイスを提供する。

  5. 従業員の福利厚生やメンタルヘルスプログラムを強化する。


bottom of page