top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

未来の職場での「ソフトスキル」の重要性:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 企業がハイブリッドモデルやAIの導入を進める中で、ソフトスキルの重要性が増している。

  2. マネージャーの84%が、採用時にソフトスキルを持っていることが必要だと感じている。

  3. 新入社員が持つべきトップ3のソフトスキルは、コミュニケーション、問題解決、タイムマネジメント。

  4. 既存の社員が昇進するためには、リーダーシップが最も重要なスキル。

  5. AIの導入により、特定のスキルの需要が変動。多くはソフトスキルに関連している。

  6. 技術進化が進む中、問題解決やチームワークなどの「人間のスキル」が引き続き求められる。

  7. AIや自動化の導入が進んでも、ソフトスキルの重要性は変わらない。

  8. 企業がこれらのスキルの研修・育成に投資することで、長期的なROIを実現可能。

  9. リスク管理やプロジェクト管理などのスキルは、研修のコストは高いがキャリア全体での収益が期待できる。

  10. 「人のスキル」の育成は、企業の持続的な成功のために必要。

「企業の検討点」

  1. ソフトスキルの研修と育成への投資は長期的なROIをもたらす。

  2. 技術の進化に追従するだけでなく、「人のスキル」の強化も同時に進めるべき。

  3. 採用過程ではソフトスキルの有無も重視すべき。

  4. 社員の昇進や成長のためには、リーダーシップの育成が欠かせない。

  5. AIや自動化に頼るだけでなく、「人間のスキル」を大切にする文化の醸成が必要。


Comments


bottom of page