top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年のHSAとFSA:増加する拠出限度額 / 2024 HSA and FSA: Increased Contribution Limits:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

新しい法律の導入に伴い、HSA、FSA、および退職プランへの拠出額の増加が発表されました。


これらの変更は、従業員の健康と退職計画に大きな影響を与えるため、企業はこれらの情報を積極的に従業員に伝え、教育することが重要です。


特に、FSAの「使い切り」規定やIRAへの拠出額の増加など、従業員が把握しておくべき重要なポイントが多く含まれています。

  1. HSAとは何か: 高額控除型健康保険プランを持つ個人のための税引き前口座で、医療費に税金がかからない。

  2. 2024年のHSA最大拠出額の変更: 自己カバレッジは$4,150、家族カバレッジは$8,300に増加。

  3. FSAとは何か: 医療費を税引き前に支払うための口座で、従業員が給与控除を通じて拠出。

  4. 2024年のFSA最大拠出額と繰り越し額の増加: $3,200まで拠出可能で、最大$640を翌年に繰り越し可能。

  5. 退職プランへの拠出: 401(k)、403(b)、457プラン、および連邦政府の退職貯蓄プランに拠出可能。

  6. 2024年の退職プランへの最大拠出額の増加: 最大$23,000(50歳以上は最大$30,500)まで拠出可能。

  7. IRAへの年間最大拠出額の増加: 2024年は$7,000まで拠出可能。

  8. 退職プランの利用条件の変更: 2024年の収入範囲に基づく伝統的なIRA、ロスIRA、およびセーバーズクレジットへの拠出資格の変更。

  9. 従業員への意識喚起の重要性: FSAでは「使い切り」の規定があるため、従業員は慎重に拠出額を決定する必要がある。

  10. 変更点のコミュニケーションの重要性: 雇用主は、これらの変更点を従業員に伝えることで、計画への参加を促進する。

「企業の検討点」

  1. HSA拠出額の増加への対応: 企業は、2024年のHSA拠出額の増加を従業員に通知し、プランの利用を促進する。

  2. FSAの拠出限度額と繰り越し額の変更: 従業員がFSAを最大限に活用できるように、新しい拠出額と繰り越し額を伝える。

  3. 退職プランへの拠出額の増加への対応: 退職プランへの拠出額の増加に対応し、従業員が十分な退職資金を蓄えられるよう支援する。

  4. IRA拠出額の増加への対応: IRAへの拠出額の増加を従業員に伝え、個人の退職計画に組み込むことを奨励する。

  5. 従業員への教育とコミュニケーション: 従業員が退職および医療費に関連する福利厚生を最大限に活用できるように、教育とコミュニケーションを強化する。

「Q&A」

  1. Q: 2024年のHSAの最大拠出額はいくらですか?                A: 2024年のHSAの最大拠出額は、自己カバレッジの場合$4,150、家族カバレッジの場合$8,300です。

  2. Q: FSAの未使用額は翌年に繰り越せますか?                  A: はい、2024年のFSAでは、最大$640までの未使用額を翌年に繰り越すことが可能です。

  3. Q: 退職プランへの拠出限度額が増加したことで、私たち従業員にどのようなメリットがありますか?                              A: 拠出限度額の増加により、従業員はより多くの資金を退職資金として蓄積することができ、将来の財政的安定につながります。特に50歳以上の従業員はキャッチアップ拠出を利用し、より大きな額を退職プランに拠出することができます。

  4. Q: IRAへの拠出限度額が増えたことの意味は何ですか?             A: IRAへの拠出限度額の増加は、個人がより多くの資金を退職口座に投資し、税効率の良い方法で長期的な財政的安定を図ることを可能にします。これにより、将来の退職生活に向けたより強固な準備が可能になります。



Comments


bottom of page