top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

企業の信用を守る:採用過程での透明性の重要性:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 採用担当者の36%が候補者に対して何らかの嘘をついている。

  2. 80%の採用担当者は、自社では嘘をつくことが「許容される」または「ある程度許容される」と考えている。

  3. 一番多く嘘をつくのは職の責任についてで、次いで企業内の成長機会やキャリア開発の機会に関すること。

  4. 採用担当者が嘘をつく理由: 会社のネガティブな情報を隠す、仕事をより良く聞かせる、資質のある候補者を引きつける、候補者を喜ばせるため。

  5. 誤解を受けて採用された後、半数以上の従業員が嘘をつかれたことを理由に退職。

  6. 10%の採用担当者は提供書状を送った後に候補者を"ゴースト"している。

  7. 候補者は採用過程の不透明さや遅延を理由に途中退出することがある。

  8. 採用過程はブランド体験の一部であり、候補者とのエンゲージメントが極めて重要。

  9. 従業員は公平でない内部採用の慣行のために新しい仕事を求めていることがある。

  10. 誠実さと透明性が企業の評判と広範な採用エコシステムを保護する鍵。

「企業の検討点」

  1. 信頼と透明性は採用成功の鍵。

  2. 候補者との正直なコミュニケーションがブランドの評価を上げる。

  3. 内部の公平性を高めることで、従業員のリテンションを向上させることができる。

  4. 候補者の尊重を最優先にすることで、より良い採用結果を得ることができる。

  5. 採用プロセスの改善は企業全体のブランド強化に貢献する。


Comments


bottom of page