top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

アメリカの意外な高収入職種8選:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

① 法廷記者・同時翻訳者:$70,290


② トレーダージョーズのキャプテン:$104,756(+ボーナス $16,351)


③ エレベーター・エスカレーターの修理業者:$93,960


④ Buc-ee'sの洗車マネージャー:$125,000


⑤ テクニカルライター:$86,760


⑥ ビンゴ・マネージャー(ゲームの進行役):$51,965 - $112,599


⑦ 大型トラック・トレイラーの運転手:$88,000 - $110,000


⑧ MRI技師・放射線技師:$81,530


「企業の検討点」

  1. 高給取りの職種は、必ずしも一般的な高級職や専門職だけではない。

  2. 職種選択時には、スキルや教育、経験だけでなく、収入の観点も考慮するべき。

  3. 従業員の給与が公開されている企業は、自社の従業員に対する公正な評価を示す一方で、労働市場に対する信頼性も高まる。

  4. 労働市場は常に変化しているため、企業は職種やスキルの需要について最新の情報を得ることが重要。

  5. 競争力のある給与は、優秀な労働力を引き寄せ、保持する上で非常に重要である。



Comments


bottom of page