top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

健康保険コストの予想増加/Predicted Increase in Healthcare Costs: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

健康保険コストの予想される6.4%の増加にもかかわらず、企業は継続的に従業員のニーズとのバランスを見つけるための策を模索しています。


WTWの最新の調査結果によれば、企業の大部分は、高騰する保険費用を管理しつつ、メンタルヘルスと福祉のオファリングを強化することに関心を持っています。

  1. 健康保険コストの予想増加: 2024年には健康保険のコストが6.4%増加すると予想されています。この上昇は、今年の平均増加率6%に続くものです。

  2. 健康保険プランのコスト管理: WTWの調査によれば、企業の69%が健康保険プランのコスト管理に焦点を当てています。

  3. メンタルヘルスと福祉の強化: 63%の企業が、メンタルヘルスと福祉のサービスを強化したいと考えています。

  4. メンタルヘルスサービスの改善: 企業は仮想ケア訪問の提供、特定のメンタルヘルス問題への対応、メンタルヘルスデーの提供など、さまざまな施策を導入してメンタルヘルスのサービスを改善しています。

  5. 経営の課題としての健康保険: 従業員の健康と福祉のニーズを満たすこととコスト抑制との間でのバランスは、企業にとって簡単な課題ではありません。

  6. 健康保険のコスト管理策: 企業はコストを抑えるために、新しいベンダーを探していたり、健康プランを入札にかけたり、非緊急ケアのためのネットワーク外のカバレッジを制限または排除したりしています。

  7. プレミアムの増加: 今年、雇用主が提供する家族の健康保険プランの平均年間プレミアムは7%増加しました。

  8. プレミアムのカバレッジ: 従業員は平均で、シングルカバレッジのプレミアムの17%と家族カバレッジのプレミアムの29%をカバーしています。

  9. 健康保険の重要性: 企業が健康保険コストの急激な増加に直面しても、従業員のニーズを満たすことの重要性を見失っていないことを強調しています。

  10. 独自のプログラムとソリューションの必要性: すべての企業が独自のコストを最も効果的に抑えるプログラムとソリューションを見つける必要があります。

「企業の検討点」

  1. 健康保険コストの増加とその影響の予測

  2. メンタルヘルスと福祉の強化の重要性

  3. 企業のコスト管理策の導入とその効果

  4. 従業員の健康と福祉のニーズの認識と対応

  5. 増加するプレミアムとそのカバレッジの課題




Comentarios


bottom of page