top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

健康と財産を育む生活習慣 / Cultivating Habits for Health and Wealth:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

財務計画と健康習慣の両立は、日々の小さな行動から始まります。


今回、金融プランナーであるBryan M. Kuderna氏が提案する習慣形成の5つの方法は、時間管理、目標設定、リソース活用、個性に合わせた活動選択、自己交渉の停止という具体的なアプローチを通じて、私たちの日常生活における変革を導きます。


合言葉はHealth and Wealthです。


  1. 「日常に組み込む具体的な習慣」:習慣を毎日同じ時間に行うことで、生活にリズムを作り、継続しやすくします。朝5時に起きて読書することで、集中力と生産性が向上し、より充実した1日を過ごすことができます。

  2. 「目標設定と逆算法の導入」:20%の貯蓄率を目指し、食費などの支出を見直すことで、現実的な財務計画を立てます。この方法は、目標に向かって具体的なステップを踏むことで、達成感を感じやすくする効果があります。

  3. 「プロダクティビティツールの活用」:音声入力アプリなどの技術を駆使して、アイデアを即座に記録し、時間を節約します。これにより、創造的な作業がよりスムーズに、そして効率的に行えるようになります。

  4. 「自分に合った習慣の選択」:自分のライフスタイルや好みに合わせた活動を選ぶことで、習慣の持続可能性を高めます。自分に合った方法で運動や学習を楽しみながら続けることが重要です。

  5. 「自己交渉の停止」:目標に対するコミットメントを強化し、動機付けを一時的なものではなく、自己規律として内面化します。これにより、一貫した努力と成長を促進する習慣を確立できます。

  6. 「朝の時間の賢明な活用」:早朝に起きて行う活動は、一日の生産性を高め、集中力を維持するのに役立ちます。この時間を自己投資に充てることで、日々の進歩を実感することができます。

  7. 「節約のための具体的戦略」:食費を削減するなど、具体的な節約策を実践することで、貯蓄目標に着実に近づけます。小さな変更が長期的な財務健全性に大きな影響を与えることを理解しましょう。

  8. 「デジタルツールを利用した生活改善」:財務計画や日々のタスク管理にアプリを活用することで、効率的かつ効果的な生活を実現します。これにより、時間とリソースの両方で最大の価値を引き出すことができます。

  9. 「運動習慣の多様化」:運動をルーチンに取り入れる際には、様々な形式を試してみることで飽きを防ぎます。これにより、身体的にも精神的にもバランスの取れた生活を送ることができます。

  10. 「自己規律の重要性」:一時的な動機付けに頼らず、自己規律を身につけることで、長期的な目標達成に向けて確実に進むことができます。これにより、夢や目標に向かって着実に前進することができます。

「企業の検討点」

  1. 「効率的な時間管理」:従業員が朝の時間を有効活用するためのプログラムやリソースを提供し、一日の生産性を高める方法を模索します。

  2. 「財務目標設定と計画」:社員の財務健全性をサポートするために、目標設定ワークショップや財務計画セッションを実施し、個々の目標に対する具体的な計画を立てます。

  3. 「健康とウェルネスの推進」:従業員が健康的な生活習慣を維持し、楽しむことができるように、運動やリラクゼーションの機会を提供します。

  4. 「習慣形成のサポート」:従業員が新しい習慣を形成し、継続するためのツールやプログラムを提供し、個人の成長と生産性の向上を促進します。

  5. 「自己規律とモチベーションの強化」:自己規律を養うためのトレーニングと、モチベーションを高めるイベントを通じて、従業員の内発的動機を育みます。

「Q&A」

Q1: 毎日同じ時間に習慣を行うことの利点は何ですか?  

 A1: 一貫性を持って習慣を行うことで、その活動が生活の一部となり、習慣化しやすくなります。また、毎日のルーチンに組み込むことで、他の予定や誘惑に邪魔されることなく継続しやすくなります。

Q2: 目標を設定する際に逆算法を用いるメリットは何ですか?

 A2: 目標を設定した後に逆算して小さなステップを作ることで、目標達成に向けた具体的な行動計画を立てやすくなります。この方法は、達成感を持ちながら着実に前進する手助けとなります。

Q3: プロダクティビティアプリを使うことの利点は何ですか?

 A3: プロダクティビティアプリを活用することで、時間を効率的に管理し、タスクを整理しやすくなります。また、アイデアを記録したり、計画を追跡したりすることで、作業の流れをスムーズにし、生産性を向上させます。

Q4: 個人に合った習慣を見つけることの重要性は何ですか?

 A4: 自分のライフスタイルや好みに合った習慣を見つけることで、活動を楽しみながら継続することができます。これにより、習慣が持続可能になり、長期的な目標達成につながります。

Q5: 自己規律を維持するためのコツはありますか?

 A5: 自己規律を維持するには、明確な目標設定と、それに向けた小さなステップを意識することが重要です。また、一時的な動機付けに頼るのではなく、自分の内面からくる規律を育むことが効果的です。



bottom of page