top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

H-1Bビザの闇!?不正な申請が大幅増加:「アメリカ人事を図と表で(仮)」

  1. 連邦政府は、一部の雇用主がH-1Bビザのプロセスで不当な利益を得ようとしている疑いがあると発表

  2. H-1B申請者の中には複数の有資格登録を持つ者が異常に多く、そのため米国市民権移民局がシステム操作の疑いで調査を開始

  3. 同じ従業員に対して仕事があると証明する雇用主が複数存在する可能性があるという

  4. 2024会計年度の登録では、複数の有資格登録を含む労働者が408,000人以上と、昨年の165,000人と比べて大幅増

  5. これらの登録の大部分はテクノロジー産業の96,000人が行っており、一部が同じ受益者の代わりに複数の登録を提出して不当な利益を得ている可能性があるとの深刻な懸念が提起されている

  6. USCISは、申請に関する広範な詐欺調査の一環として刑事訴訟を進めている



Comments


bottom of page