• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

今週で13周年

カリフォルニア州、ニューヨーク州、ワシントン州等にいると、信じられない方も多いかもしれない。

連邦法での最低賃金は、現在も7ドル25セントである。


最低賃金が2009年7月24日に、それまでの6ドル55セントから引き上げられてから13年になった。


現在の7ドル25セントは2009年時と比較すると、約70%の価値となるようである。現在のレートに換算しなおすと約9ドル50セントとなるが、それでもまだ低いであろう。


連邦単位での最低賃金の更新がないことから、各州独自で15ドルを目指す傾向が進み、カリフォルニア州では既に時給は15ドル以上となっている地域も多くある。