top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

LinkedIn、偽の求人広告と戦うための確認機能を導入:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  • LinkedInは求人投稿の確認機能を開始しました。

  • 投稿者が公式の会社ページに所属しているか、仕事用メールや職場が確認されているか、政府発行のIDが確認されているかを示すこの機能が導入されました。

  • 新たに発表された無料のアカウント確認手段には、政府のID確認から仕事用メールの確認までが含まれています。

  • Microsoft Entraを利用する企業は、そのプラットフォームを使用してデジタル職場IDを発行できます。

  • リクルーターが求職者に他のプラットフォームでの対話を求めるなど、「高リスクな内容」を含むメッセージもユーザーに警告されます。

  • パンデミックとリモートワークの普及により、偽の求職者や求人広告が増えています。

  • FBIは2022年の夏に、深層偽造技術を使用した不正な求職者についての警告を発しています。

  • 専門家は、リクルーターやHRが従業員の書類を入念に確認し、ソーシャルメディアのプロフィールをチェックし、ビデオインタビューに注意を払うことを推奨しています。

  • 偽の求人広告は、求職者だけでなく、人材探しに苦労している雇用者にもマイナスの影響を与える可能性があります。

  • Indeedは、求人広告における不適切なコミュニケーションと連絡先情報の欠落を、詐欺の警告としています。



Comments


bottom of page