• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員トレーニング

人手不足解消の対策について多くの企業が対応を検討をしている。

そのうちの一つが従業員への教育費の提供であるが、従業員トレーニングの需要も増加しているようである。


2022年にトレーニング予算の増加を検討している企業は昨年の41%から増加し、49%となっている。


このトレーニングを投資とみるか、コストと見るかという点で企業のトレーニングに対する位置づけが異なっている。


トレーニング費用予算として最も多いのは従業員一人あたり100ドルから300ドル(29%)、続いて1,000ドルから3,000ドル(28%)という調査結果となっている。


トレーニングの内容を職責と関連付ける場合がほとんどであるが、トレーニングを従業員のキャリアと連動させることで会社にとってもより有効なものとなり、従業員満足度も高くなる。


トレーニングを提供することで従業員のスキルアップが望める反面、従業員の流出にもつながりかねない。これがトレーニングの金額を投資とみるかコストとみるか、判断が分かれる点になっているのではないか。

最新記事

すべて表示