top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

災害準備の重要性:HRの役割と企業の対策 / The Importance of Disaster Preparedness:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

中東地域に異例の大雨が降り注ぎ、ドバイ国際空港は水没し、オマーンでは多くの命が失われました。


この自然災害(Disaster Preparedness)は、企業の人事部門がどのようにして災害準備を進め、従業員の安全を確保すべきか、その重要性を改めて浮き彫りにします。


適切な準備と計画があれば、予測不可能な災害にも迅速かつ効果的に対応できるため、HRの役割はこれまで以上に重要です。


「主要な点」

  1. 災害発生時の対応策:UAE国家緊急危機・災害管理局は、車を安全で高い場所に駐車するよう呼びかけました。企業も、災害対策として具体的な行動指針を従業員に提供することが不可欠です。

  2. 人事部門の緊急対応計画の策定:企業は、災害発生に備えた明確なポリシー作成を主導するべきです。これには、避難経路の確立や緊急連絡網の整備が含まれます。

  3. 従業員の安全確保への教育訓練:定期的な避難訓練や緊急時対応トレーニングを実施し、全従業員が自然災害発生時の対応を熟知しておくことが重要です。

  4. リモートワークの導入と支援:大規模な自然災害が発生した場合、リモートワークの体制を整え、業務の継続を図ることができます。必要なIT支援とリソースを提供する責任があります。

  5. 法的責任と倫理的考慮:企業は災害対策において法的な義務を負います。企業がその責任を適切に果たすためのポリシーを策定し、維持する必要があります。

  6. 事前のリスク評価と計画の見直し:定期的にリスク評価を行い、既存の災害対策計画を見直し、必要に応じて更新することが重要です。

  7. 緊急用品の確保:オフィス内に適切な緊急用品(救急セット、水、食料)を常備し、アクセス可能な場所に保管することを確保します。


「企業の検討点」

  1. 事前準備の徹底:災害発生前に準備と計画を確実に行うことが最も効果的な対策です。

  2. 従業員教育の強化:緊急時の適切な行動をとるための教育と訓練を従業員に提供します。

  3. コミュニケーションプランの重要性:災害時に正確かつ迅速に情報を共有することが重要です。

  4. 心理的サポートの充実:災害によるストレスや不安から従業員を守るために、心理的支援を提供します。

  5. 法的・倫理的義務の遵守:企業として従業員の安全を確保するための法的、倫理的義務を果たすことが重要です。


「Q&A」

  1. Q: 自然災害時に企業が従業員に提供すべき基本的な対策は何ですか?

  • A: 災害時の安全確保のための緊急避難訓練、適切な緊急用品の備蓄、緊急連絡網の整備が基本です。

  1. Q: HR部門が災害対策で優先的に取り組むべき事項は何ですか?

  • A: 緊急時対応計画の策定と更新、従業員教育と訓練の実施、心理的支援の体制構築です。

  1. Q: 災害発生後の従業員サポートで重要な点は何ですか?

  • A: 心理的なカウンセリングの提供、災害復旧支援のための柔軟な勤務体制の設計、必要に応じた物質的な支援が重要です。

  1. 災害対応訓練の頻度はどれくらいが適切ですか?

  • 企業によって異なりますが、少なくとも年に一度は全体的な災害対応訓練を実施し、半年ごとに部分的なドリルを行うことが推奨されます。

  1. 災害時のリモートワーク移行におけるHRの役割は何ですか?

  • HRは、技術的なサポートとリソースの提供を通じて、迅速なリモートワーク移行を支援します。また、従業員が自宅で安全かつ効率的に働けるような環境を整備する責任も担います。



Comments


bottom of page