top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員エンゲージメントのジレンマ:「アメリカ人事を図と表で(仮)」

  • 従業員の多くがキャリアの進行と自己開発に対してポジティブな感情を持っている。

  • また、82%の従業員が同僚との関係について肯定的な感情を持っている。

  • しかし、リテンション(従業員が企業に留まる意欲)については、調査対象となった157,000人以上の従業員から最低のスコアを受けた。

  • リテンションに影響を与える要素として、報酬総額、勤務環境、仕事と生活のバランスが挙げられる。

  • また、組織のドライバー(組織の文化やインクルージョンなど)についても評価は分かれている。

  • 従業員エンゲージメントの改善には、企業全体のコミュニケーションの改善が必要であることが示唆されている。

  • 従業員エンゲージメントの程度を判断する一つの方法として、「この組織を素晴らしい職場として友人や家族に推奨する可能性はありますか?」と問うことが挙げられる。

  • この質問への回答が「はい」でない場合、その組織の従業員エンゲージメントと経験が評価と改善の必要性を示唆している。



Σχόλια


bottom of page