• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

Emotional Intelligence Training

従業員の感情(Emotion)を認識、配慮できるリーダーを育成することが、従業員の定着率や満足度、つまりエンゲージメントの向上に役立つと言われている。

Emotional Trainingでは業務において感情がもたらすポジティブ、ネガティブ両面を認識して、従業員の感情を理解、配慮することを学ぶようである。


短期的には、昇給、ボーナス、ベネフィットの追加等により従業員リテンションが可能になるが、中長期的なには、エンゲージメントのような指標を参考に取り組むことが結果につながると考えられる。


単純に従業員に良く接するということではなく、従業員の感情を理解し全般的な組織への満足度を高めることが目的である。


Trainingの実施は難しいかもしれないが、まずは日々のコミュニケーションを通じて従業員とより良い関係を構築することから始めてはいかがだろうか。

最新記事

すべて表示

8月のJOLTS