top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ダイバーシティ&インクルージョン: 米国企業の多様性を促進する取り組みと効果



イントロダクション


ダイバーシティ&インクルージョンの重要性ダイバーシティ&インクルージョンは、組織の持続可能な成長と競争力向上に欠かせない要素である。アメリカの企業は、従業員の多様性を尊重し、包括的な職場環境を構築することで、イノベーションを促進し、業績を向上させている。


米国企業のダイバーシティ&インクルージョン取り組み事例


◦ グーグル

「ダイバーシティ・アニュアルレポート」の公開により、透明性を確保し、改善への取り組みを示している。また、従業員向けのダイバーシティ&インクルージョン研修を実施。 2021年までに、リーダーシップポジションの28.1%が女性、10.4%が黒人、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック、アメリカ先住民、アラスカ先住民、アジア系、ハワイ先住民、太平洋諸島系アメリカ人が占めるまでとなっている。


◦  ジョンソン・エンド・ジョンソン

マイノリティや女性向けのリーダーシップ開発プログラムを展開。2021年時点で、役員の48%が女性、34%がマイノリティである。


効果的なダイバーシティ&インクルージョン取り組みのポイント・トップマネジメントのコミットメント


組織全体にダイバーシティ&インクルージョンの重要性を浸透させるためには、経営陣の強力なリーダーシップが不可欠である。


◦ 社内外でのコミュニケーション

積極的な情報発信や意見交換を通じて、ダイバーシティ&インクルージョンへの理解を深め、取り組みを促進する。


◦ データを活用した戦略策定: 従業員の属性や意識調査を行い、データに基づいて取り組みの優先順位を決定し、効果的な施策を展開可能となる。


ダイバーシティ&インクルージョン成果と今後の展望


調査結果によると、ダイバーシティ&インクルージョンが推進される企業は、業績やイノベーションが向上する傾向にある。今後もアメリカの企業は、ダイバーシティ&インクルージョンを一層推進し、競争力を高めるための取り組みを続けることが期待される。そのためには、以下の点に注力していくことが重要となる。


メンター制度やスポンサーシッププログラムの導入


社内でマイノリティや女性を積極的にサポートし、キャリアアップを後押しするメンター制度やスポンサーシッププログラムを展開することで、リーダー層の多様性を高めることが可能となる。


ワークフローの改革と柔軟な働き方の推進


多様な働き方を尊重し、柔軟な勤務制度やリモートワークの導入により、従業員のライフスタイルやニーズに合わせた働き方を実現出来る。これにより、より多くの人々が働きやすい環境を整えることが可能となる。


バイアスをなくす採用プロセスの見直し


無意識の偏見が採用プロセスに影響を与えないようにするために、ブラインド採用やAIを活用した客観的な人材選定方法の導入を検討し、多様な人材の獲得を促す。


まとめ


持続可能な成長を目指すダイバーシティ&インクルージョンの取り組みダイバーシティ&インクルージョンは、アメリカの企業が持続可能な成長を遂げるために欠かせない要素となっている。多様な人材を活かすことでイノベーションを促進し、企業の競争力を高めることができるため、今後も注目される分野となる。

Comments


bottom of page