top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

通勤がハードル!?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 週5日オフィスに通う労働者の中で、その苦労を楽しむ人はほとんどいない。

  2. 多くの人が在宅勤務をやめたくない主要な理由は通勤である。

  3. 通勤は時間がかかり、コストがかかり、精神的にも疲れる。

  4. パンデミックはオフィスにいることが全ての仕事に必要でないことを証明した。

  5. 多くの企業が労働者に週数日はオフィスに戻るよう求め始めている。

  6. 多くの人々は在宅勤務を完全にあきらめることに興味はない。

  7. 大都市の公共交通機関の利用は非常に高価である。

  8. 通勤は精神的な健康にも影響を及ぼし、ストレスを増加させる可能性がある。


Σχόλια


bottom of page