top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

カジュアル化する職場文化 / The Casual Workplace Culture:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

カジュアルなドレスコードが採用と従業員定着に寄与していることが調査で明らかになりました(Casual Workplace Culture)。


雇用マネージャーの間でドレスコードの重要性が低下している一方で、基本的な職場エチケット(時間厳守、作業スペースの清潔さ、同僚への挨拶)は依然として重要視されています。


労働者も同様に、カジュアルな職場環境を歓迎しつつも、何が許容されるかを理解するのが難しいと感じています。


「主要な点」

  1. カジュアルなドレスコードの増加 調査によれば、5年前に比べてドレスコードの重要性を感じる雇用マネージャーの割合が減少しています。

  2. 携帯電話の使用許容度 職場での携帯電話の使用や個人通話の許容度が高まり、よりカジュアルな職場環境が形成されています。

  3. 非公式なエチケットの浸透 職場エチケットのカジュアル化が進んでおり、以前は許容されなかった行動が現在では一般的になっています。

  4. 基本的な職場エチケットの重要性 時間厳守、作業スペースの清潔さ、同僚への挨拶などの基本的な職場エチケットは依然として重要視されています。

  5. 職場文化の変化の影響 ルールの変化や非公式化により、従業員が何が許容されるかを理解するのが難しくなっています。

  6. 労働者の視点 多くの労働者が、カジュアルなドレスコードや非公式なエチケットを歓迎する一方で、何が許容されるかを理解するのが難しいと感じています。

  7. 企業文化のカジュアル化 Adzunaの分析によれば、ほとんどの企業がカジュアルまたはビジネスカジュアルな服装を求めています。

  8. 自己表現の困難さ Express Employment Professionalsの調査によると、41%の求職者が職場で自己表現が難しいと感じています。

  9. 学習と発展の機会 職場エチケットとプロフェッショナリズムは、特に若い労働者にとって重要な学習と発展の分野です。

  10. 管理者の役割 管理者は、労働者が時間管理、組織スキル、コミュニケーションスキルを向上させるための支援を行うべきです。


「企業の検討点」

  1. カジュアルなドレスコードの導入 企業は、カジュアルなドレスコードを導入することで、採用と従業員定着を向上させることができます。

  2. 職場エチケットの明確化 ルールの変更に伴い、従業員に対して明確な職場エチケットのガイドラインを提供することが重要です。

  3. 基本的なエチケットの維持 時間厳守や作業スペースの清潔さなどの基本的な職場エチケットを維持することで、職場の秩序を保つことができます。

  4. 従業員の声を聞く 従業員の意見を積極的に取り入れ、柔軟な職場環境を提供することが求められます。

  5. 学習と発展の機会提供 従業員が時間管理やコミュニケーションスキルを向上させるための学習と発展の機会を提供することが重要です。


「Q&A」

Q1: なぜカジュアルなドレスコードが採用と定着に効果的なのですか? A: カジュアルなドレスコードは、労働者がよりリラックスして働ける環境を提供し、採用と従業員定着を向上させる効果があります。


Q2: 基本的な職場エチケットとは何ですか? A: 基本的な職場エチケットには、時間厳守、作業スペースの清潔さ、同僚への挨拶などが含まれます。


Q3: 職場エチケットが変化する中で、企業はどのように従業員をサポートすべきですか? A: 企業は、明確なガイドラインを提供し、従業員が新しいルールを理解しやすくするためのサポートを行うべきです。


Q4: カジュアルなドレスコードを導入することで、どのようなメリットがありますか? A: カジュアルなドレスコードは、採用と従業員定着を向上させ、従業員がリラックスして働ける環境を提供します。


Q5: 基本的な職場エチケットを維持するための方法は? A: 企業は、時間厳守や作業スペースの清潔さなどの基本的な職場エチケットを徹底し、従業員に対して継続的にコミュニケーションを図ることが重要です。


Q6: 企業が従業員の時間管理やコミュニケーションスキルを向上させるためには? A: 学習と発展の機会を提供し、従業員が時間管理やコミュニケーションスキルを向上させるためのトレーニングプログラムを実施することが有効です。



Comentários


bottom of page