top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

75%の採用専門家が推奨するスキルを重視した採用戦略:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. LinkedIn上の求人では、関連するスキルを数多く含むものが、より多くの応募者を引きつけている。

  2. スキルをリストアップした求人は、求人を見てから応募するまでの候補者の割合(閲覧から応募への変換率)が11%上昇するという相関関係がある。

  3. スキルを求人の説明に含めることで、候補者が自分の能力に適した機会を見つけやすくなる。

  4. スキルを最初に考える求人が多い企業は、スキルの要件を持たない求人を出している企業に比べて、内部のモビリティ率が11%高い。

  5. スキルを強調した投稿を行うことで、企業は外部と内部の両方で新たな採用を行うことができる。

  6. スキルファーストの採用は労働市場のパラダイムシフトを示しており、採用チームと人材専門家の75%が来年中にそれを優先する予定である。

  7. 一部の企業はスキルファーストの採用に適応するのが遅く、一部の求職者は資格を共有する障壁に直面している。

  8. 採用プラットフォームはスキル、資格、学位を持っていないトレーニングに関する情報を捉えるための関連フィールドを提供していないかもしれない。

  9. 今年、多くの組織がアップスキルやリスキルに焦点を当てている。

  10. IT部門の企業は、トレーニングと認定に頼ることを増やし、コンサルタントを雇うよりも既存の従業員のトレーニングに重きを置いている。


bottom of page