top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場のストレス:燃え尽き症候群の現状と対策:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 米国の労働者の4人に1人が燃え尽き症候群を経験している。

  2. 多くの専門職が一年前よりも疲れていると感じている。

  3. 過重な仕事量が疲労の主要な原因の一つである。

  4. 管理からのコミュニケーションとサポートの欠如も燃え尽き症候群に貢献している。

  5. 効果的に働くための適切なツールとリソースが不足している。

  6. 労働者の約半数が、上司に対して疲れていると感じていることを表現することについて不安を感じている。

  7. 多様性、公平性、包含性の取り組みは、燃え尽き症候群と従業員の保持に対する有効な戦略である。

  8. 会社全体で尊重と評価の感覚を育むことは、従業員のエンゲージメントと生産性を高める。


Comments


bottom of page