top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Amazonの賃金戦略/Amazon Leads with Benefits:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Amazonの時給計画 Amazonは配送ドライバーの平均時給を$20.50に引き上げるために$440 millionを投資予定。

  2. 配送サービスの成果 Amazonの配送サービスパートナープログラムは2018年にスタートし、5年で3,500の配送会社が誕生。これにより279,000人が雇用されています。

  3. 福利厚生の拡大 Amazonは、プログラムへの追加投資として$840 millionを約束。これには、教育プログラムの拡大や、子供の保育提供者を探すためのサポートサービスが含まれる。

  4. 物流業界の動向 他の物流会社も賃金を引き上げる動きがあり、Amazonのドライバーも組合を結成しようとしているという情報が浮上。

  5. 労働関係の新たな記録 NLRBは、2022年度に新規ケース数が記録的に増加。不当労働告発や組合代表の請願が23%増加しています。

  6. 企業の新たな福利厚生策 全国的に、企業は福利厚生を強化することで従業員の確保や報酬パッケージの向上を図っています。例として、IndeedやWalmartが新しい福利厚生を提供。

  7. Amazonの投資と収益 Amazonの配送サービスプログラムは、開始以来$8 billion以上の投資を受けており、年間$45 billionの収益を上げているとのこと。

  8. 保育サービスの提供 Amazonは、子供の保育提供者を見つけるためのサポートサービスを新たに提供開始。

  9. 教育プログラムの拡充 Amazonは、ドライバー向けの教育プログラムをさらに拡充し、学費の支援や返済サポートを提供予定。

「企業の検討点」

  1. 賃金の引き上げだけでなく、福利厚生や教育プログラムの充実が重要。

  2. 独自の人材確保プログラムを立ち上げることで、独自のネットワークを確立。

  3. 従業員とのコミュニケーションを強化し、組合結成の動きを予測。

  4. 投資をすることで、長期的な収益とブランドの向上を期待。

  5. 全国的な労働市場の動向を把握し、競争力のある報酬と福利厚生を提供。


Comentarios


bottom of page