top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

平均医療コスト

従業員一人当たりの平均医療コストは来年大幅に増加すると予想されている。

増加予想率は5.6%と、インフレ率よりは低い上昇幅となる見込みである。


COVID-19の影響で医療関連のベネフィットやメンタルヘルス関連のベネフィットの導入をする企業が増加している。


またインフレ率も高水準な中、増加分を企業が負担することを検討している企業も多いようである。


ここ数カ月、米国の医療システムは、入院者数や手術数の減少を報告し続けており、保険会社にとっては大きな利益につながっているようである。


例えば、シグナは加入者の入院、手術、救急室訪問の減少により、前年比6%の収入増となったことを明らかにしているものの、人件費等での経費は増加しているようである。


人材の獲得を目指す企業が一つの対処法として給与の見直しを行う中、次に考慮する点は医療費や医療関連のベネフィットを充実させることであると言われている。


今後2年間で医療費の負担軽減に向けた取り組みを強化すると回答をしている企業も半数以上になっている。

Komentarze


bottom of page