top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年米国における様々な平均給与の実態③「州別平均給与額」 / The Reality of Various Average Salaries in the U.S.:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国における各州の平均年収(Average Salaries)に関する最新データは、地域による経済格差が如実に示されています。


全米で最も平均年収が低いのはミシシッピ州で、$48,048という数値は全米平均を大きく下回ります。


対照的に、マサチューセッツ州は平均年収$86,840と全米平均を大幅に上回り、最も収入が高い州となっています。


「主要な点」

  1. "収入増加率が高い州": ニューメキシコ州は前年比で6.5%の収入増加率を記録し、経済成長が目覚ましい州の一つです。

  2. "生活費が高い州でも収入が追いつかない現象": ハワイ州は生活費が最も高いにも関わらず、平均年収は$62,296と中程度であり、生活費に対する収入の不均衡が見られます。

  3. "経済成長が低い州": ニュージャージー州は1.6%の収入増加率で、経済成長が比較的低い州の一つです。

  4. "収入が減少した唯一の州、ロードアイランド": ロードアイランド州は前年比で0.3%の賃金減少を経験し、収入が減少した唯一の州です。

  5. "高所得州の生活コスト": マサチューセッツ州やカリフォルニア州など高所得州は、同時に生活コストも高く、特にマサチューセッツ州は生活費が全米で二番目に高い州です。


「企業の検討点」

  1. "地域による経済格差の認識": 企業は、地域によって大きく異なる平均年収を理解し、戦略を立てる必要があります。

  2. "生活コストの考慮": 高所得地域でも生活費が高いため、実質的な購買力を正確に把握することが重要です。

  3. "経済成長率の高い州への注目": 特にニューメキシコ州のように、収入増加率が高い州はビジネス機会が豊富にあるかもしれません。

  4. "収入減少州のリスク管理": 収入が減少したロードアイランド州のような地域では、投資リスクが高まる可能性があるため注意が必要です。

  5. "観光収入の影響の理解": ハワイ州の例から、特定地域の経済が観光収入に大きく依存している場合の影響を理解することが重要です。


「Q&A」

  1. Q: 全米で最も平均年収が低い州はどこですか? A: ミシシッピ州が全米で最も平均年収が低く、$48,048です。

  2. Q: 年収が最も高い州とその額は? A: マサチューセッツ州が最も高く、平均年収は$86,840です。

  3. Q: 収入増加率が最も高い州はどこですか? A: ニューメキシコ州が最も高く、前年比で6.5%の増加を見せています。

  4. Q: 収入が減少した州はありますか? A: ロードアイランド州が収入が減少した唯一の州で、前年比で0.3%減少しました。

  5. Q: 生活費が高いにも関わらず、平均年収が中程度な州は? A: ハワイ州がその例で、生活費は最も高いですが、平均年収は$62,296と中程度です。





Comments


bottom of page