top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年米国における様々な平均給与の実態②「世代別平均給与額」 / The Reality of Various Average Salaries in the U.S.:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

年齢

週間収入

月間収入

年間収入

中央値年収 からの差

中央値収入 からの差

全体 (16歳以上)

$1,145

$4,962

$59,540



16歳から24歳

$734

$3,181

$38,168

−$21,372

−35.9%

25歳から34歳

$1,080

$4,680

$56,160

−$3,380

−5.7%

35歳から44歳

$1,303

$5,646

$67,756

$8,216

13.8%

45歳から54歳

$1,275

$5,525

$66,300

$6,760

11.4%

55歳から64歳

$1,244

$5,391

$64,688

$5,148

8.6%

65歳以上

$1,055

$4,572

$54,860

−$4,680

−7.9%


米国における年齢別平均給与(Average Salaries)の分析を通じて、若年層から高齢層までの収入の変動に着目してみましょう。


「企業の検討点」

  1. キャリアサポートの重要性: 若年層に対する教育とトレーニングの提供が必要。

  2. 高収入年代の動機づけ: 35歳から44歳の従業員のキャリア開発と報酬システムの強化。

  3. 給与体系の透明性: 従業員が自身のキャリアパスと収入の見通しを理解できるようにする。

  4. 高齢者の雇用機会: 65歳以上の高齢層への再雇用プログラムやフレキシブルワークの提供。

  5. キャリア長期計画の促進: 従業員が長期的なキャリアプランを立てやすくするための支援。


「Q&A」

  1. Q: なぜ35歳から44歳の間が収入のピークなのか?A: この年代はキャリアの中核期にあたり、専門性や経験が高く評価されるため。

  2. Q: 若年層の低収入を改善するには?A: 教育と実務訓練の機会を増やし、キャリアパスを早期から計画することが重要。

  3. Q: 収入が減少し始める45歳以降に対策はあるか?A: スキルアップとキャリアの転換を支援し、継続的な学習機会を提供すること。

  4. Q: 高齢者の収入が全体平均より低い理由は?A: 完全な退職後も働き続ける人が少なく、フルタイムでの雇用機会が減少するため。



Comentarios


bottom of page