top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

求人情報の中のDEI:微増の背景を探る - Diving Deep into DEI Listings:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 求人情報における「diversity」「inclusion」「DEI」の言及が微増: Textioによると、これらの言葉の使用がわずかに増加しています。

  2. 多くの企業がDEIに対するコミットメントを続けている: TextioのCEO、Kieran Snyderは、多くの企業が後退していないことを示唆しています。

  3. 求人情報の約1/3が「diversity」を、1/5が「inclusion」を言及: しかし、「equity」に関する言及はそれよりも少ない。

  4. メディアはDEIの復活の終焉を示唆するカバレッジが増えている: この報道は、多くの人々に不安や疑念を抱かせています。

  5. DEIの取り組みの減少には、経済や法的な背景が影響している可能性: アメリカの最高裁判所の決定やフロリダ、テキサスでの新しい法案が影響しているかもしれません。

  6. 「employee experience」を重視することで、DEIの問題に中立的なアプローチが可能: これにより、DEIの真の価値を伝えつつ、物議を醸す名称を避けることができる。

  7. ブランディングにおける誠実さの重要性: 企業は「頑張りすぎ」の印象を与えないように、真実性を保つことが重要です。

  8. 視覚的なブランディングよりも、実際の行動と言葉が重要: Textioは、企業の言葉や行動が、見た目のブランディングよりも重要であると強調しています。

「企業の検討点」

  1. DEIの取り組みは依然として重要であり続ける。

  2. メディアの報道や外部の圧力に左右されず、真の価値を理解して取り組みを継続する。

  3. 従業員の経験を中心に置くことで、DEIの真の意味を伝える。

  4. 実際の行動とコミュニケーションが最も重要であり、見た目のブランディングよりも重要。

  5. 企業ブランディングにおいて、真実性と透明性を保つことが重要。





Comments


bottom of page