top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ADA違反: Olive Gardenの事例から学ぶ:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. ペンシルバニア州のOlive Gardenでの採用面接中の出来事

  2. GMRI, Inc.として事業を展開しているOlive Gardenのマネージャーが非合法な質問をしたとの告発

  3. EEOCは、訴訟を提起する前に事前の和解を試みた

  4. 面接者は候補者の杖の使用や彼の障害についての質問をしたとされる

  5. ADAは障害による雇用差別を禁止している

  6. ADAは、雇用提供前に障害の存在や性質、範囲を明らかにする可能性のある質問を禁止している

  7. EEOCの前のガイダンスでは、明らかな障害や自らの意志で公表された障害に基づいて合理的な調整の質問をすることができる

  8. 障害の性質や重篤さに関する質問は雇用提供前には禁止されている

  9. EEOCはADAを執行する責任があり、様々な違反のために雇用主を訴える

  10. ADA違反の例として、合理的な調整の提供の不履行や障害を理由にした解雇が挙げられる。

「企業の検討点」

  1. 面接中に非合法な質問を避けることの重要性

  2. 障害者に関する誤解やステレオタイプに基づく判断を避けること

  3. ADAとその他の雇用法を順守することの重要性

  4. EEOCの指針やガイダンスに注意を払い、常に更新を確認すること

  5. 雇用プロセスにおける法的な義務とリスクを理解し、従業員の研修を行うこと


Comments


bottom of page