top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

週4日勤務の需要 / Demand for 4 Day Workweek :「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

バンク・オブ・アメリカの最新調査によると、従業員の64%が週4日勤務を希望していることが明らかになりました(4 Day Workweek)。


しかし、これに対応しようとする雇用主は42%にとどまっています。


「主要な点」

  1. 週4日勤務の希望:バンク・オブ・アメリカの調査によると、64%の従業員が週4日勤務を望んでいますが、これに応じる雇用主は42%にとどまっています。

  2. 経済的安定感の向上:2024年の調査では、47%の労働者が「経済的に安定している」と評価しており、2023年の42%から上昇しています。

  3. インフレと生活費の懸念:労働者は依然としてインフレと生活費の高騰に懸念を抱いており、給与がこれらのコストに追いついていないと感じています。

  4. 男女間の経済的自信の違い:男性の方が経済的に安定していると感じる割合が高く、退職後の貯蓄にも自信を持っていますが、女性はキャリア展望に対してやや楽観的です。

  5. 労働者の離職意向:70%の労働者は来年も現在の会社に留まる予定であり、「ビッグステイ」というトレンドが見られます。

  6. 会社に留まる理由:従業員が会社に留まる主な理由は良好なワークライフバランス(60%)と給与(53%)です。

  7. 週4日勤務の需要の増加:週4日勤務の需要は増加しており、Resume Builderの調査では、3分の2の回答者が週4日勤務のために転職を検討すると答えています。

  8. 給与と福利厚生の重要性:良好な給与と福利厚生は、従業員の満足度とエンゲージメントに重要な役割を果たします。

  9. 職場の柔軟性の重要性:リモートワークだけでなく、勤務時間の調整など、職場の柔軟性が求められています。

  10. 企業の対応と戦略:企業は、従業員の希望に応じた柔軟な働き方や福利厚生を提供することで、優秀な人材を引き付け、維持することができます。


「企業の検討点」

  1. 週4日勤務の導入:企業は、従業員の希望に応じて週4日勤務の導入を検討し、ワークライフバランスを向上させることで従業員の満足度を高めます。

  2. 経済的安定感の向上:従業員が経済的に安定していると感じるよう、給与や福利厚生の見直しを行います。

  3. 職場の柔軟性の提供:リモートワークや柔軟な勤務時間を提供することで、従業員のエンゲージメントと生産性を向上させます。

  4. 男女間の格差是正:男女間の経済的自信やキャリア展望の格差を是正するための施策を導入します。

  5. 従業員のフィードバック活用:従業員のフィードバックを積極的に取り入れ、彼らのニーズに応じた職場環境を整えます。


「Q&A」

Q1: 週4日勤務を希望する従業員が多い理由は何ですか?ワークライフバランスの向上と個人的な時間の確保が主な理由です。


Q2: 経済的安定感の向上にはどのような施策が有効ですか?給与の見直しや福利厚生の充実が効果的です。


Q3: 職場の柔軟性を提供する方法は?リモートワーク、フレックスタイム、週4日勤務などの柔軟な働き方を導入します。


Q4: 週4日勤務制度を導入する際の企業のメリットとデメリットは何ですか?メリットには従業員の満足度とエンゲージメントの向上が含まれ、デメリットには業務の調整が難しい場合があります。


Q5: 男女間の経済的自信の格差を是正するためにはどのような施策が有効ですか?平等な給与、キャリア開発プログラム、メンタリング制度の導入が効果的です。


Q6: 従業員の経済的安定感を高めるために企業ができることは何ですか?給与の見直し、福利厚生の充実、財務教育プログラムの提供が重要です。



Comments


bottom of page