top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

映画館が会議場として利用可能に

米国の映画館チェーンであるAMCがZoom社と提携をして、米国内にあるいくつかの映画館をビデオ会議スペースとして利用することを検討している。

規模的には150名ほどが参加出来る会議スペースとなり、AMC側は飲食物の提供や映画鑑賞含めて、個別のニーズへの対応も行うことを示唆している。


オンラインで予約をすることが可能となり、1回に3時間ずつの予約をすることが出来るようになるという。


まだ予定の段階であるが、最大17都市で来年以降のサービス開始を予定している段階であるという。


広く認知がされたリモートワークを繋ぐ方法として、本社の無い都市に多数の従業員がいる場合において、これら従業員が一度に集まる場所を提供することを目的としている。

Comments


bottom of page