• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

Unretire

米国のスポーツ界では良く起きる事である。

今年の初旬にタンパベイ・バッカニアーズのトム・ブレイディ選手が一度引退を発表したものの、直ぐに引退を撤回した。


米国の労働市場の世論調査によると、退職をした労働者の5人に1人が今年職場復帰をする可能性があるという回答をしている。


◦ 19%:以前に勤務をしていた会社に復帰

◦ 23%:以前に勤務をしていた業界に復帰

◦ 58%:異業種で復帰


なぜ退職者が再就職を検討しているのか。


物価上昇が原因と回答した人が約70%に上る。同時に、現在の労働市場が人手不足のため退職者を活用をしたいと考えている会社も多いようである。


物価上昇が原因である場合でも退職者は消極的に職場復帰するのではなく、どちらかというと復帰を前向きにとらえているようである。