top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

無制限PTOへの関心低下? / Declining Interest in Unlimited PTO?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

無制限の有給休暇(Unlimited PTO)は、近年、従業員と雇用主の間で注目を集めていますが、実際にこの制度を導入している企業はどの程度存在するのでしょうか。


民間セクターの雇用主の大多数が無制限PTOを提供していないことが明らかになりました。


公共セクターでは無制限PTOを提供している例は一つもなく、このトレンドが民間セクターに限定されていることが示されています。


「主要な点」

  1. 無制限PTOの注目度: 近年、従業員と雇用主の間で無制限の有給休暇(PTO)への関心が高まっています。しかし、国際従業員福利計画財団(IFEBP)の2023年10月の調査では、民間セクターの雇用主の大多数が開放型PTOを提供していないことが確認されました。

  2. 有給休暇制度の提供状況: 民間雇用主の大多数は、有給休暇と傷病休暇を別々に管理していると報告しています。一部の雇用主は有給休暇制度の改善を検討しており、主に育児休暇などの特別な休暇に焦点を当てています。

  3. 公共セクターでの無制限PTOの不採用: IFEBPの調査では、公共セクターの雇用主は無制限PTOを一切提供していないことが明らかになり、このトレンドが民間セクターに限定されていることが示されました。

  4. 無制限PTOへの関心の低下: 開放型PTOに移行したと報告する雇用主の中で、約87%が過去4年以内にこのモデルを導入したと回答していますが、公共セクターでは採用されていません。これは、無制限PTOに対する関心が特定の範囲に限定されているか、または低下している可能性を示唆しています。

  5. 無制限PTO利用の障壁: 無制限PTOを導入する企業にとって、従業員が十分な休暇を取ることをどのように確実にするかが課題です。研究によると、休暇は従業員のエンゲージメントと定着に役立ちますが、休暇のバンクがない場合、一部の従業員は結局休暇を取らないことがあります。

  6. 導入検討時の考慮事項: 無制限PTOの導入を検討する際には、従業員が実際に休暇を取ることができる職場環境の整備が重要です。


「企業の検討点」

  1. 無制限PTOの採用はまだ限定的: 多くの民間セクターの雇用主が無制限PTOを提供していないため、この制度を導入する際は、社内の準備と従業員のニーズを慎重に評価する必要があります。

  2. 公共セクターでは無制限PTOの採用なし: 無制限PTOは民間セクター特有の現象であり、公共セクターでは採用例がないことから、その適用範囲と効果を理解することが重要です。

  3. 無制限PTO利用の障壁: 休暇を有効に活用するためには、業務の負担軽減や支援文化の醸成など、従業員が実際に休暇を取ることを促す取り組みが必要です。


「Q&A」

  1.  無制限PTOのメリットは何ですか?

  • A: 無制限PTOのメリットには、従業員のワークライフバランスの向上、自由度と柔軟性の提供、エンゲージメントと従業員満足度の向上があります。

  1. Q: 無制限PTOの導入に際して企業が直面する主な課題は何ですか?

  • A: 主な課題には、従業員が実際に休暇を取ることを促す文化の構築、業務負担の管理、休暇利用の監視と評価の方法の確立が含まれます。

  1. Q: 無制限PTOのトレンドは今後どのように変化すると予想されますか?

  • A: 労働市場の動向と働き方の進化に伴い、無制限PTOに対する関心は増加する可能性がありますが、その採用と実装は企業の文化や業界によって異なるでしょう。




Kommentarer


bottom of page