top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

給与を公開: ニューヨークの新法律の影響/Transparency in Pay Structure:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 新法の施行日: ニューヨーク州の給与透明性法は9月17日から施行される。

  2. 対象となる企業: 4人以上の従業員を持つ企業が新法の対象。

  3. 給与の表示方法: 年俸または時給のいずれかで表示する必要があり、チップは含めず、チップがある場合は別途記載。

  4. 営業職の待遇: 報酬がコミッションベースである場合、それを明記する必要がある。

  5. 目的: 給与透明性を向上させ、女性やマイノリティ、新入社員などに平等な情報提供を目指す。

  6. ビジネスカウンシルの懸念: この法律が給与の公平性問題を解決するか不明確で、経営コストの増加を懸念。

  7. 法的リスク: 法律違反を主張する者からの法的行動が予想される。

  8. 罰金に関する情報: 義務を果たさない企業に対する罰金は最大$3,000。

  9. ニューヨーク州の取り組み: 企業への情報提供を目的としたメディアキャンペーンを予定。

「企業の検討点」

  1. 給与透明性は労働者のモチベーションや満足度を向上させる。

  2. 法令遵守は企業のブランドや評価を保護する。

  3. 明確な給与表示は新入社員やマイノリティへの公平な情報提供を意味する。

  4. 経営コストの増加を防ぐために、新しい法律の内容をしっかりと理解することが必要。

  5. コミュニケーションの強化と従業員の教育は法的リスクの低減に繋がる。


Comments


bottom of page