• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

時間管理の重要性

ノンエグゼンプト従業員を多数雇用する企業では、特に時間管理の正確さが重要となる。

15分単位での管理、Seven-minute Grace Period(7分間の猶予)、1分単位で行ったりと様々な方法で時間を管理している企業がある。


州によってもランチ休憩の時間管理を義務化していたり、休憩の提供を義務付けている場合もあり、実際にどこまで細かい時間管理を行う必要があるのか分かりにくい部分も多い。


では、ノンエグゼンプト従業員の時間管理に伴うリスクを最小限に抑える方法は何か?


① 管理職(時間管理)の理解力の向上

管理職は、部下の管理を行うに際し、各都市・各州の法律や会社のポリシーで定義された時間管理のルールを理解し、部下に通達する必要がある。


② 自動控除の排除

システムが自動的に食事休憩を1時間控除する方法を示す。非常に便利であるが、実際に休息を取得していたかが分かりにくい。州によっては一定の時間数以上の休息が義務化されており、休息を取得出来ない場合には罰金が発生する。実際の時間を記入することでこのリスクを回避することが可能である。


上記を参考に時間管理の方法を改善するのはいかがだろうか。

最新記事

すべて表示