top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

スーパーボウル翌日、1,600万人が休職!? / Over 16 Million US Employees Expected to Miss Work the Day After Super Bowl:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

スーパーボウル(Super Bowl)翌日には、推定1,600万人以上の米国従業員が仕事を休むという調査結果が示しており、企業はこの大量欠勤にどう対応すべきかが重要な課題となっています。


特に、「スーパーボウルフルー」と称される病欠が話題になっており、1450万人以上が偽の病気を理由に仕事を休んでいる実態があります。


また、スーパーボウル翌日を国民の祝日にすべきだと考える労働者が増えているのも事実です。


「主要な点」

  1. スーパーボウル翌日の欠勤に関する予測

  • 約1600万人の米国従業員がスーパーボウル翌日に仕事を休むと予測されています。この数字は前年の1800万人から減少していますが、依然として大きな影響を与える数値です。

  1. 「スーパーボウルフルー」の影響

  • 1450万人の従業員が実際には病気でないにも関わらず、スーパーボウル翌日に病欠すると報告しています。この行動は、職場の信頼性に関する問題を提起します。

  1. 事前に休日をリクエストする従業員の増加

  • 約1000万人の従業員がスーパーボウル翌日の休暇を事前にリクエストしています。これにより、企業は人員配置や業務の準備をより効果的に行うことができます。

  1. 遅刻を予定している従業員の数

  • 約640万人の従業員がスーパーボウル翌日に遅刻する予定であることが分かっています。これは、企業が対応計画を立てる上で考慮すべき重要な要素です。

  1. 生産性の低下

  • スーパーボウル翌日には、約4500万人の米国従業員が通常よりも生産性が低下すると予想されています。この生産性の低下は、企業全体の業績に影響を与える可能性があります。

  1. スーパーボウル翌日を祝日にすべきとの声

  • 米国労働者の37%がスーパーボウル翌日を国民の祝日にすべきだと考えています。この意見は、文化的イベントの影響を受けた公共政策に関する議論を促進します。

  1. マネージャーによる休暇計画の確認

  • 49%のマネージャーが従業員に対してスーパーボウルの休暇計画について直接尋ねる計画であることが明らかになりました。これは、オープンなコミュニケーションを通じて予期せぬ欠勤を減らす試みです。

  1. 罰則を恐れて休みを取らない従業員

  • 約1120万人の従業員が、罰則を恐れてスーパーボウル翌日に休暇を取ることを避けていると報告しています。この数字には、10%のマネージャーも含まれています。


「企業の検討点」

  1. 事前の休暇リクエストの促進

  • 従業員によるスーパーボウル翌日の休暇リクエストを積極的に奨励し、計画的な人員配置を実現します。

  1. 透明性とコミュニケーションの強化

  • 従業員とのオープンなコミュニケーションを通じて、信頼と透明性を高め、予期せぬ欠勤を最小限に抑えます。

  1. 柔軟な勤務体制の導入

  • スーパーボウル翌日の遅刻や欠勤に対応するため、柔軟な勤務時間やリモートワークの選択肢を提供します。

  1. 生産性低下への対策

  • スーパーボウル翌日の生産性低下に備え、短期的な業務調整や効率的なタスク配分を検討します。

  1. 文化的イベントの価値認識

  • スーパーボウルのような文化的イベントを認識し、従業員のモチベーションやチームワーク向上の機会として活用します。


「Q&A」

  1. スーパーボウル翌日に多くの従業員が欠勤する理由は何ですか?

  • A: スーパーボウルは米国で非常に人気のあるイベントであり、試合観戦や祝賀行事に参加するため、多くの従業員が翌日に仕事を休むことを選択します。

  1. Q: 企業はスーパーボウル翌日の欠勤にどのように対応すべきですか?

  • A: 企業は事前の休暇リクエストを奨励し、柔軟な勤務体制を提供することで、計画的に人員配置を調整し、生産性の低下を最小限に抑えるべきです。

  1. Q: スーパーボウル翌日を国民の祝日にすることは可能ですか?

  • A: 労働者の多くが支持するものの、スーパーボウル翌日を国民の祝日にすることは、現時点では政治的、社会的な課題が伴うため、実現には時間がかかる可能性があります。



Opmerkingen


bottom of page