• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

Quiet Quittersの対処法

先日「Quiet Quittersとは?」という記事を公開した。

Quiet Quittersに関わらず、「自分の仕事では無い」ということで企業や上司から頼まれた業務を拒否する従業員も多い。


「自分の仕事では無い」というのは一体どういう事を示しているのであろうか。


基本的には業務内容に関しては企業側にイニシアチブがあることを覚えておくべきである。


退職をする従業員の代わりにその従業員が行っていた業務を他の従業員に振り分けること、新規業務の割り当てを含め、企業には必要に応じて従業員の職務を変更する権利がある。


ただし追加業務や変更される業務内容の範囲があまりにも広いと従業員の離職につながりかねないため、程良いバランスを維持することが重要である。


Quiet Quittersの対処法にはどのようなことが有効的か検討してみたい。


 明確な目標設定

明確な目標を設定し、適正な評価をすることで従業員のモチベーションを向上させることが可能になる。


Employee Recognition

トップパフォーマーや目標を大きく超過して達成した従業員に対して、貢献を認めることが重要である。


 コミュニケーションの頻度を上げる

従業員の考えていることや業務内容を知り、効率を高める方法について話し合ったり、企業ミッションへの認識を高めるといった目的で、コミュニケーションを増やすことで従業員のエンゲージメントを高める効果がある。

最新記事

すべて表示

8月のJOLTS