• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

SF市では店内飲食が再開

サンフランシスコ市ではFour-Tier Color-Codeの紫色(Widespread)から赤色(Substantial)へと好転したことにより、明日3月3日から店内飲食が可能となる。

本日の会見にてロンドン・ブリード、サンフランシスコ市長は、経済再開指標が紫色から赤色に変更になったことと共に、今後3週間以内にはさらに状況が好転をしてオレンジ色(Moderate)になるであろうという予測を発表した。


店内飲食は1世帯4人まで、25%の容量、または最大100名まで、そして午後10時まで営業をすることが可能となり、屋外飲食については3世帯6人までが認められ、午後10時までという営業時間の制限も解除されることとなる。


赤色への移行が起きた事により、ジム、ダンススタジオ、ヨガスタジオは10%の収容人数、博物館、動物園、水族館やその他屋内のアクティビティ施設も25%の収容人数で再開が可能となる。

最新記事

すべて表示