• HR Linqs, Inc.

9月の失業率は7.9%

Bureau of Labor Statistics (BLS: 米労働省労働統計局)から、米国の9月の雇用統計が発表された。

9月の非農業雇用者数は66.1万人となり、予想80万人を下回る結果となった。


また9月の失業率は7.9%となり、予想8.2%を下回り、8月の8.4%から0.5%ポイント低下した。


失業率が改善されているため、雇用状況は上向きであるものの、無給休職(Furlough:ファーロー)にある従業員の仕事が消滅するPermanent Job Loss数も380万件(34.5万件増)となり、COVID-19以前の2月以降から250万件の増加をしている。


Permanent Job Loss数が増加することで、失業率の算出時に使用する労働者人口数(分母)が減少することになるため、結果的に失業率が低下するという背景もあり、失業率の数値だけが必ずしも経済状況を表しているものではない。


雇用者の内訳は、以下である。

◦レジャー及びホスピタリティ業:31.8万人増

◦リテイル業:14.2万人増

◦ヘルスケア業:10.8万人増

◦プロフェッショナルサービス:8.9万人増

◦政府関連職員:21.6万人減

政府関連職員の雇用数がマイナスとなっているのは、対面授業での学校再開が遅延していることにより、教員以外の関係者の雇用再開が出来ない状態にあるため。また8月に最も雇用者数が多かったCensus Worker(国税調査員)も一過性の雇用であったため、34万人が雇用対象外となった。


雇用者の増加数は9月と比較すると鈍化しており、未だ多くの労働者が失業している状況が継続しているが、3月中旬に減少した約2,200万人の労働者のうち約1,200万人は再雇用がされている。


2020年3月以降(以下の結果数は、調整される可能性あり):


© 2020 by HR Linqs, Inc.