top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年の給与予測と企業の対応策 / Salary Projections for 2024 and Corporate Responses:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

給与増加(Salary Projections)のペースが鈍化する可能性がある一方で、依然として歴史的な高水準を維持することが予想されています。


この動向は、企業が優秀な人材を確保するために重要な要因である給与競争力を保つ意図を反映しています。


また、環境、社会、ガバナンス(ESG)関連の問題を報酬計画の指標として取り入れる企業も多く、戦略的価値を重視する傾向が明らかになっています。


  1. 「給与増加率の予測と現実」:今年の給与増加率は依然として高いが、増加ペースは鈍化すると予想されています。Pearl Meyerの調査では、昨年40%だった高い増加率を予想する企業が、今年は9%にまで減少しています。一方、低い増加率を予想する企業は24%に上昇しました。

  2. 「ESG関連指標の報酬計画への影響」:約20%の企業が環境、社会、ガバナンス関連の問題をインセンティブ計画に組み込むと回答しており、ESGの重要性が増していることがうかがえます。しかし、新たにESG指標を加えると回答した企業は5%に減少しています。

  3. 「短期インセンティブ計画の変更動向」:短期インセンティブ計画の変更を検討している企業は40%以上にのぼり、その多くが財務指標の追加を考えています。これは、市場の不確実性に対応するための戦略として、より柔軟かつ効果的なインセンティブ計画への移行を示しています。

  4. 「人的資本の監視に対する報酬委員会の関与」:報酬委員会の役割は拡大しており、特に上場企業においては人的資本の監視により積極的に関与しています。これは、企業が社会的責任と持続可能性に重きを置く動向を反映しています。

  5. 「給与増加の戦略的アプローチ」:企業は一律の高水準の昇給を避け、個々の状況やビジネス目標に応じた給与戦略を採用すべきだと専門家は述べています。データは有用な参考点でありますが、最終的な決定は組織独自の状況に基づいて行われるべきです。

  6. 「昇進関連の給与増加への投資」:企業は次年度に8%以上の従業員を昇進させ、その一部を昇進関連の給与増加に充てる計画を立てています。これは、人材のスキルアップと動機付けを重視する傾向を示しています。

  7. 「給与増加の地域差と職種差」:給与増加率は企業や職種、地域によって異なります。専門家は、市場の状況や組織のニーズに応じた柔軟な給与設定の重要性を指摘しています。

  8. 「給与増加予測の下方修正」:今年初めの予測では中央値が4%の給与増加が見込まれていましたが、Pearl Meyerの調査によると、広範囲の従業員に対する中央値が3.7%に、上級幹部に対しては3.5%に下がっています。これは、経済全体の不確実性の影響を受けている可能性があります。

  9. 「給与増加と企業の競争力」:給与増加は企業が優秀な人材を引き付け、保持するための重要な要素です。競争力を維持するために、企業は市場動向と内部戦略のバランスを取りながら、適切な給与水準を設定する必要があります。

「企業の検討点」

  1. 「給与増加のペース調整」:給与増加のペースが鈍化する可能性に備え、企業は予算計画を見直し、将来の戦略を調整する必要があります。

  2. 「人材戦略と給与政策の連携」:企業は人材管理戦略と給与政策を密接に連携させ、組織の独自の状況と目標に基づいた決定を行うべきです。

  3. 「市場動向の監視と対応」:給与増加のトレンドや市場の変動を継続的に監視し、迅速かつ適切に対応するための柔軟性を確保することが重要です。


「Q&A」

  1. Q: 給与増加のペースが鈍化する理由は何ですか?                A: 経済全体の不確実性、インフレの低下、および市場の調整が主な要因です。企業はコストを管理し、将来の不確実性に対応するために、給与増加のペースを調整しています。

  2. Q: 企業は給与増加の決定をどのように行うべきですか?             A: 企業は市場の動向、組織の財務状況、および人材戦略に基づいて給与増加の決定を行うべきです。データは参考点として有用ですが、最終的な決定は組織独自の状況に応じて行うことが重要です。

  3. Q: 給与増加の地域差と職種差はどのように考慮すべきですか?A: 企業は地域の経済状況、特定の職種の市場価値、および人材の供給と需要を考慮して給与増加を決定すべきです。これにより、適切な競争力を維持し、過剰な支出を避けることができます。



Comments


bottom of page