top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

退職計画の最大の課題とその克服方法 / The Biggest Challenges in Retirement Planning :「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

2024年の調査によると、アメリカ人の多くは退職後の生活に対する自信を持っていますが、その背景には401(k)退職プランの大きなジレンマが存在します(Retirement Planning)。


「主要な点」

  1. 退職後の自信と楽観視:2024年の調査では、多くのアメリカ人が退職後の生活に対して楽観的である一方、自信は完全には回復していません。

  2. ソーシャルセキュリティの重要性:ソーシャルセキュリティが依然としてアメリカの退職者にとって主要な収入源であり続けています。

  3. 退職貯蓄の最大の課題:退職のための貯蓄が最大の課題であり、その次に投資の決定があります。

  4. 401(k)プランの問題点:アメリカ人の半数が職場に退職口座を持たず、これは数十年にわたり変わっていません。

  5. 雇用主の責任不足:多くの雇用主は退職口座を提供する必要性を感じていないため、労働者の退職準備が進んでいません。

  6. ギグワーカーと不安定な労働者の課題:ギグワーカーや一時雇用者は退職口座を持つ機会が少なく、退職準備が困難です。

  7. ソリューション:自動的な退職貯蓄システム:ソーシャルセキュリティに支払うごとに退職口座へのクレジットが付与されるシステムが提案されています。

  8. 401(k)システムの不十分さ:現在の401(k)システムは、多くの州では雇用主が自発的に提供し、労働者が自発的に参加する必要があり、二重の決定が必要です。

  9. 退職計画の不平等:退職計画には「持つ者」と「持たざる者」が存在し、この不平等が政策立案の大きな障害となっています。

  10. 金融リテラシーの向上:アメリカの労働者は金融リテラシーが向上しているものの、退職プランの構造が適していないため、依然として困難に直面しています。


「企業の検討点」

  1. 退職口座の提供:企業は従業員に対して退職口座を提供する責任を持ち、退職準備を支援することが重要です。

  2. ギグワーカーの支援:ギグワーカーや一時雇用者にも退職準備の機会を提供し、公平な労働環境を整えることが必要です。

  3. 自動退職貯蓄システムの導入:ソーシャルセキュリティに連動した自動的な退職貯蓄システムを導入することで、労働者の退職準備を支援します。

  4. 金融教育の強化:従業員に対して金融教育を強化し、退職計画の重要性と方法について理解を深めてもらいます。

  5. 政策提言の推進:退職準備の不平等を解消するために、企業は政策提言を行い、公正な退職システムの実現を目指します。


「Q&A」

Q1:アメリカ人の退職貯蓄における最大の課題は何ですか?退職のための貯蓄が最大の課題であり、その次に投資の決定があります。


Q2:なぜ多くのアメリカ人が退職口座を持っていないのですか?多くの雇用主が退職口座を提供していないため、労働者が退職口座を持つ機会が少ないことが原因です。


Q3:退職準備を改善するためのソリューションは何ですか?ソーシャルセキュリティに連動した自動的な退職貯蓄システムを導入することが提案されています。


Q4:企業が従業員の退職準備を支援するためにはどのようなプログラムが有効ですか?退職口座の提供、自動退職貯蓄システムの導入、金融教育プログラムの強化が有効です。


Q5:ギグワーカーや一時雇用者の退職準備をどのように支援できますか?ギグワーカーや一時雇用者にも退職準備の機会を提供し、公平な労働環境を整えることが重要です。


Q6:退職計画の不平等を解消するために企業が取るべきアクションは?企業は政策提言を行い、公正な退職システムの実現を目指すとともに、従業員に対する退職準備の支援を強化します。





コメント


bottom of page