• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員の業務の効率化

従業員の業務効率化を行う上で、企業が出来ることは何か。

任せる

スポーツの世界でも優秀なプレイヤーは、必ずしも優秀な監督・コーチ・指導者にはならない。


プレイヤーと監督では役割が全く異なるからである。


企業内でも同様の事が言える。優秀なプレイヤーは必ずしも優秀な管理職にはならない場合もあり、まず最初のハードルとして「任せる」という点が良く挙げられる。


業務を任せることで優秀な従業員が育ち、任せる側もリーダーシップや管理を学ぶ事で、最終的には会社の生産性に繋がる。


コミュニケーション

どんな事でもコミュニケーションが重要であるのは、誰もが思う事である。


ただしコミュニケーションにも対面、電話、Email、SNS、テキストメッセージ等の多様な種類があり、的確なコミュニケーション・ツールを使用することでさらに効果的にコミュミケーションを行うことが可能になる。


明確な目標設定

何を目的としている業務なのか、目的や目標が明確でなければ、効率化を期待することは出来ない。


行う業務に対する期待値は何か、何を目的に、いつまでに行うのか等、より明確な目標設定を行うことが重要である。


トレーニングと育成

費用を考慮すると、中々トレーニングやセミナーへの参加を頻繁に促すことが出来ない場合も多い。


ただし、キャリアについて考える傾向が高まっていることもあり、業務に関連するトレーニングやセミナーを上手く用いて従業員の育成に取り組むことも効率的な方法の一つである。

最新記事

すべて表示