top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年の給与増加予測/A Glimpse into Future Pay Increase:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 2024年の給与増加率:前年の4.1%から3.9%へと下がる見込み。

  2. 昇進率の変動:2023年は3.8%、2024年は3.5%の予定。

  3. ハイテク産業:国平均を下回る3.3%の昇進予定。

  4. 一部の産業は平均を上回る:消費財、エネルギー、保険産業は3.7%。

  5. 健康サービス産業:国平均より低い3.1%の昇進予定。

  6. 労働市場の状況:求人数と失業者数の差は3百万人。

  7. 昇進の役割の変化:2024年には従業員の8.7%を昇進させ、その関連の給与増加に1.1%の予算を使う計画。

  8. 2023年の給与:平均的に5.6%上昇し、3.8%の昇進予算。

  9. 非サイクル増加:6割近くの雇用者が提供。

  10. WTWの報告:2022年の予定では、2023年に4.6%の給与増加を計画。

「企業の検討点」

  1. 労働市場の変動を常にモニタリングする。

  2. 給与の増加率を戦略的に設定し、競争力を保つ。

  3. 昇進の役割と給与増加の関連性を理解する。

  4. 従業員の満足度やリテンションのためのオフサイクル増加を検討する。

  5. 戦略的な給与計画を導入し、公平性を確保する。



Comments


bottom of page